【小林麻央 進行性乳がん】市川海老蔵が会見「比較的、深刻」ツラい心境を明かす

  • LINEで送る

市川海老蔵 小林麻央 乳がん 会見

2016年6月9日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは妻の小林麻央さんが「進行性乳がん」であることを会見にて告白しました。

会見で明らかになった病状や経緯などは次の通りです。

  • 明らかになったのは1年8ヶ月ほど前、夫婦で人間ドックを受けて判明
  • 「進行性」の名前通り、かなりのスピードで進行している
  • 周囲にはガンであることを伏せ、極秘で入院生活を続けていた
  • 麻央さんの病状について「比較的、深刻である」

これまであえて世間にも周囲にも公表せず、治療を続けてきたのですが、新聞報道されたことを受けて今回会見を開く事を決意したそうです。

静かに隠しておきたかった夫婦の想いを踏みにじる形になってしまった報道については「マスゴミ」「なんでもかんでも報道しやがって」「新聞売るためだったら何でもやるのか!」といった厳しい声も上がっています。

 

今回の記事では、

  • 海老蔵さんの記者会見動画
  • 麻央さんのガン発覚から会見に至るまでの海老蔵さんの心境
  • 小林麻央さんの今後の治療方針

などを中心にお伝えさせていただきます。

Sponsored Link

市川海老蔵 記者会見動画

ガンのステージ(進行具合)についても具体的な数字は避けましたし、「比較的、深刻」というニュアンスが「かなり深刻な状態」を表しているように思えてなりません…。

ツラい状況に眼を潤ませながらも気丈に会見に臨む海老蔵さんの姿は本当に心揺さぶられます…。

Sponsored Link

病気の発覚から会見まで 市川海老蔵の心境

麻央さんのガンが判明した時の心境

忘れもしないね。途方に暮れた

 

麻央さんのガンの公表について

公にするのかしないのか麻央と一緒に非常に悩んだ。

 

麻央さんが入院し、離れて暮らしていることについて

いないと寂しい。子どもが寝た後に空虚な時間があったり、芝居行く時も麻央が「いってらっしゃい」「おかえりなさい」いつも言ってくれていたのとはこの1年8ヶ月間は違った

麻央という存在の大きさを私自身ひどく痛感している

 

小林麻央 今後の治療方針

現状は麻央さんに合った抗がん剤を探りながら治療を続けている段階。今後は手術する方向に向かって治療をしていくとのことです。

 

治療と手術がうまくいき、夫婦一緒に元気な姿を見せてくれることを祈っています。

がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ