花粉症にはワセリンが効く!?ツラい症状を劇的に改善する裏技とは?

  • LINEで送る

花粉症の女性

ワセリンこそ花粉症の救世主だった!?

「春が一番嫌いな季節」そんなあなたは

『花粉症』ではないですか?

鼻水・くしゃみ・眼のかゆみ

どの症状も本当にツライですよね…。

 

「花粉症のせいで仕事や勉強に集中できない…」

「寝ることすらままならない…」

という人も多いのではないでしょうか?

 

「春を耐えきるしか、なす術はない…」

そう諦めていませんか?

 

そんな中、ネット上では

ツラい花粉症を鎮め、

快適に春を楽しむための最強の裏技

が話題になっているんです!

 

花粉症を改善する裏技、それは…

 

 

「ワセリンを塗る」

 

これだけです!(驚)

 

そこで今回は、

  • ワセリンとは?
  • ワセリンはどこに塗れば花粉症に効く?
  • なぜワセリンを塗ることで花粉症が楽になるのか
  • ワセリンでツラい花粉症が劇的改善!ネット民達の喜びの声
  • 花粉症にオススメのワセリンはコレ!

などをまとめてみました!

Sponsored Link

ワセリンとは?

ワセリン石油から得た炭化水素類の混合物を

脱色して精製したもの。

大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)

および脂環式炭化水素(シクロパラフィンナフテン)を含む。

ワセリンという場合、

一般的には白色ワセリンを指す事が多い。

wikipediaより引用-

 

元はイギリスとオランダに本拠地を置いている

ユニリーバというメーカーの商標でしたが、

世界各国で一般名詞となっています。

 

ワセリンの本来の使い方は、

  1. 皮膚表面に塗ることで脂の膜を張り、角質層の水分の蒸発を防ぐ。
  2. 皮膚のバリアーとなり、外からの刺激を和らげる。

 

乾燥肌やアトピーの方が肌に塗る目的で使ったりしますね。

花粉症に効果があるのは、2のバリアーの効果です。

 

ワセリンはどこに塗れば花粉症に効く?

花粉に対するワセリンのバリアー効果を

発揮するには塗る場所が大事になってきます。

 

塗るべき場所は、

  • 眼の周り(涙袋からまぶたのライン)
  • 鼻(鼻の穴の中、穴の前、鼻とくちびるの間)

 

これらの箇所をワセリンで塗っていきましょう。

 

鼻の穴の中を塗る場合は、綿棒にワセリンをつけて、

やさしくまんべんなく鼻の中にワセリンを塗りつけます。

(クシャミが出そうですねw)

Sponsored Link

なぜワセリンを塗ることで花粉症が楽になるのか

①.鼻の中の粘膜を保護してくれる

鼻の穴の中にワセリンを塗ることで、

ワセリンが鼻粘膜のバリアーとなり、

花粉との接触を防いでくれます。

 

鼻の中は特にたっぷりと塗ってしまいましょう。

(息が苦しくならない程度にね)

 

②.皮膚より先に花粉をキャッチ

鼻や眼に入ってくる花粉は、

皮膚に一度当たってから入ってくることが大半です。

 

鼻や眼の周りにワセリンを塗っておくことで、

花粉をガッチリキャッチしてくれて、

体内に侵入する前に食い止めてくれます。

 

③.保湿効果

ワセリンの本来の役目である保湿効果は、

花粉に直接作用するわけではないですが、

 

鼻水のかみすぎで乾燥してしまった鼻の下や

こすりすぎた眼の周りなどを保湿してくれます。

 

この保湿効果は、花粉症以外にも

風邪などで鼻水を拭きすぎて

痛くなってしまう人にも効果的ですね!

 

ワセリンでツラい花粉症が劇的改善!ネット民達の喜びの声

このようにネット上で

「ワセリンで花粉症が和らぎ、世界が変わった!」

と喜びの報告が多数。

 

花粉症に困っている家族や友人・好きな人に

この方法を教えてあげると

感謝してもらえるかもしれませんね!

 

花粉症にオススメのワセリンはコレ!

「花粉症にオススメのワセリンってどんなものだろう?」

といろいろ調べてみていると、

 

「これが一番!」というよりは

「なんでもOK」みたいな感じみたいです。

 

効果にそこまで差がないのなら、

使いやすさで選んでみるというのはどうでしょう?

 

中でも参考になったのが以下のツイートです。

チューブタイプなら持ち歩きに便利ですし、

衛生面でもボトルタイプより優れていますね!

 

下はamazonで購入出来るチューブ型のワセリンです。

気になる方は使ってみてはいかがでしょうか?

 


ワセリンHGチューブ 60G

【まとめ買い】 ワセリンHGチューブ 60g×10個セット

 

これだけ反響が大きいなら、

「花粉症専用ワセリン」

作っちゃえば売れるかもしれませんね。

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ