【衝撃事実】残酷な天使のテーゼ作詞家「エヴァンゲリオンのアニメ見たことない」

  • LINEで送る

渚カヲル

「残酷な天使のテーゼ」作詞家 及川眠子さんの衝撃告白

2016年5月9日に作詞家の及川眠子(おいかわねこ)さんがツイッターにて語った衝撃事実。

及川さんと言えば、今や国民的アニメとも呼べる「エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」などの作詞を手がけ、一躍有名に。

「残酷な天使のテーゼ」も「魂のルフラン」もエヴァの世界観を余りにも見事に表現しているだけに、及川さんが「エヴァを見ていない」というのはあまりにも驚きの話です。

Sponsored Link

残酷な天使のテーゼ誕生秘話

及川さんはある新聞記者に「残酷な天使のテーゼ誕生秘話」ということでインタビューを求められ、エヴァを見ていないことに意見されたことや事前に取材対象について調べてもこない新聞記者にかなりご立腹。

  • 30分の打ち合わせ
  • 未完成なサンプルビデオを鑑賞
  • 本編できあがってない状態

こんな状態であの歌詞を書けるのはむしろスゴ過ぎ…。

 

放映開始後も「エヴァ」をわざと見ないようにしていた

「エヴァ」が放映開始されてからも意識的に見ないようにしていたと語る及川さん。

アニメソングの作詞も多い及川さんですが、アニメ自体には興味が無く、関わった作品であっても一切見ない方針。

 

それは単なる意地ではなく、アニメを見てしまうとその物語をなぞり、説明じみた歌詞になってしまうことを危惧した「プロ」の姿勢なのです。

 

エヴァ楽曲の作詞でどれくらい儲かっているのか?

「エヴァンゲリオンはすごいですね。カラオケは1回1円くらい。カラオケよりもパチンコの印税の方がすごいんですよ。パチンコは億いきましたね。四半世紀くらい、年収3000万は切ったことがない」

クランクインより引用

カラオケランキング上位に君臨し続ける「残酷な天使のテーゼ」と「魂のルフラン」とパチンコ・パチスロ「エヴァシリーズ」への楽曲提供で相当な不労所得を稼ぎ続けている及川さん。

私が遊んでいてもエヴァンゲリオンが稼いでくれる

アニメ好きとカラオケ行くと絶対誰かが入れますもんね。印税ってスゴいな…。

Sponsored Link

及川眠子さん作詞のエヴァ楽曲まとめ


NEON GENESIS EVANGELION [DECADE]

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ