【週刊猫春】猫だらけの楽園島「青島」って一体どんなところ?

  • LINEで送る

ネコ島 気持ちよさそうに眠る猫

週刊猫春って?週刊文春と関係あるの?

「週刊猫春」(しゅうかんねこはる)ってご存知ですか?あの有名な週刊誌「週刊文春」のネコ特集からスタートした、雑誌とWEBが連動する業界初の試みのネコ特集企画です。

この週刊猫春ですが、どんな企画かと言うと

  1. 週刊文春はニコニコ動画に猫専門のチャンネル「週刊猫春」を開設している。
  2. 自慢の猫動画を持っている人が、「週刊猫春」のタグを入れてニコニコ動画に動画をアップ。
  3. タグに反応して自動的にアップした動画が週刊猫春のチャンネルページにリンクされる。
  4. 「週刊猫春」タグが入った動画で再生回数が上位に入ったものは、2016年の週刊文春でグラビアデビューできる!

という猫好きにはたまらない企画です。

こんな企画を立ち上げるあたり、週刊文春編集部は猫好きが多いに違いないw

Sponsored Link

特典動画「“猫の楽園”青島に上陸してみた!」が最高に癒される…

週刊文春の2016年3月24日号に掲載された「”猫の楽園”青島に上陸してみた」という企画の動画verが特典映像としてニコニコ動画にアップされています。

「週刊猫春」特典動画>島民16名、猫の数はいったい何匹……? “猫の楽園”青島に上陸してみた!

※上のリンクから動画を見るにはニコニコ動画アカウントが必要です。

 

一体、猫の楽園「青島」とはどんな島なのでしょうか?

 

青島は愛媛県大洲市沖に浮かぶ小さな島

通称「猫島」といわれる青島があるのは、愛媛県大洲市。長浜町長浜港から定期船で35分ほどのところにあります。

東京ドームとほぼ同じ面積の小さな島なのですが、島にいる住民はわずか16名!それに比べて猫は100匹以上が生息しているという圧倒的なネコ率の高さを占めています。

もともとネズミ駆除のために繁殖された猫達がここまで増えたのがキッカケだそうです。

Sponsored Link

船が着くとお出迎えしてくれる猫たち

ネコ島 お出迎えしてくれる猫達

まるで船に乗ってきた観光客や島に帰ってきた島民をお出迎えしてくれるかのように猫達が大勢集まってきます。

完全に人に慣れてますね!

 

優しいおじさんにエサをもらう猫達

ネコ島 餌にむらがる猫達

猫達のエサは島民の人たちが毎日あげています。一瞬、ミステリーサークルに見えてしまいましたw

 

みんなで寄り集まって日向ぼっこ

ネコ島 和む猫達

どの猫も毛並みが驚くほど良いですね!栄養状態や衛生環境がしっかりしている証拠です。

 

海と夕日と猫

ネコ島 気持ちよさそうに眠る猫

ネコ島ならではの海をバックに気持ちよさそうに眠る猫。ここでは時間の流れもゆっくりしていて、豊かな自然と愛らしい猫達に心が癒されそうです。

 

帰るときも見送ってくれる猫

ネコ島 お見送りする猫達

船に乗る人たちをお見送りに来るのか、猫達が集結。こんなんされたらまた来たくなっちゃうじゃないか~。

 

これからも猫島を守っていくために

たくさんの猫達が癒してくれる青島ですが、この環境を守るためには島民の苦労も絶えません。

  • マナーの悪い観光客のゴミ問題
  • 海が時化ると猫に必要な物資(エサや目薬)が島の外に買いにいけなくなる
  • 猫が増えすぎないための去勢・避妊
  • 島民の平均年齢70歳超

これらの苦労の上に、素晴らしい共存関係が築かれています。観光客として訪れた際にはゴミのポイ捨てや猫に危害を加えないなどの最低限のマナーを守りましょうね。

猫好きならばいつかは行ってみたい島ですね~。

 

>>週刊猫春

猫島 14人の住民と200匹の猫の島 – 愛媛・青島

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ