平昌オリンピックでノロウイルスに感染した選手は棄権で出場不可?原因と日本人選手の状況も調査!

  • LINEで送る

平昌オリンピック ノロウイルス

お隣韓国で開催されている平昌オリンピック

日本からも有望な選手が多数出場していることで

メダル獲得が期待されていますね!

ところが…

平昌五輪で選手達に忍び寄るヤバすぎる魔の手…

ノロウイルス

 

爆発的な勢いで平昌五輪関係者に

猛威を奮っているノロウイルスについて、

  • 「果たして、選手達は安全なのか?」
  • 「もし選手が感染してしまったらどうなるのか?」

非常に気になるところですね…。

そこで今回は、

  • もし選手達に感染したらどうなるのか?
  • 感染した選手は棄権・出場不可に?
  • 平昌五輪でノロウイルスが流行している原因は?
  • 日本人選手の状況も気になる!

などを調査してまとめました!

そもそもノロウイルスとは?

ノロウイルスとは、

乳児から高齢者まで幅広く感染し、

急性胃腸炎を引き起こすウイルス。

 

ノロウイルス に対する長期の免疫は作れないため、

一度かかったことのある人でも

何度もかかる恐れがあります。
ノロウイルス が活発になるのは

冬場の寒い時期11月〜2月ごろですが、

年間通してかかることも。

 

ノロウイルスは

  • 熱や乾燥にも強い
  • 長期間生存する
  • 感染力が非常に強い

などの特徴があり、

 

感染すると

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱
  • 腹痛

などの症状が1週間ほど続きます。

 

感染経路については

主に接触感染や

飛沫感染と言われていますが、

空気感染を起こす危険性も

指摘されているようですね。

 

予防のためには、

手洗いと消毒を徹底し、

他人の嘔吐物に

不用意に近づかないことが重要です。

 

平昌五輪ノロウイルス感染の現状

平昌五輪でのノロウイルス感染の

現状もまとめてみました。

 

2018年2月8日時点、

平昌五輪関係者で

ノロウイルスに感染している人は128人。

 

前日に比べると一気に

42人も増えているそうなので、

今後さらに感染拡大していくことが予想されます。

 

さらにさらに、

ノロウイルスらしき症状を訴え、

隔離されている人が1000人以上もいる

そうなので、かなりヤバイ状況…^^;

 

 

現状で感染が確認されているのは、

会場の警備員や

報道関係者が宿泊する施設の調理師たちなど。

 

出場選手の感染は

まだ確認されていませんが、

今後どうなるか分からない状況です。

 

平昌五輪でノロウイルスに感染した選手は棄権や出場不可!?

もし選手の中に感染者が出たら、

場合によっては国際的イメージの失墜に

つながりかねない問題だ。

江南聖心病院感染内科のイ・ジェガプ教授は

「ノロウイルスは競技力に影響を及ぼし、

メダルの色を変えてしまうこともあり得る。

(当局は予防のため)最大限の努力を傾けるべき」

と語った。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14277809/

 

もし出場選手の中で感染者が確認された場合、

組織委員会はその選手を

一般人と同じく直ちに隔離措置をとる

と宣言しています。

 

感染した選手が競技に出場できるかどうかは、

  • 選手が属する国のオリンピック委員会(NOC)
  • 国際オリンピック委員会(IOC)

両者と協議して決めることになるそうです。

 

選手としては各国の代表として、

一世一代の大舞台にきているわけですから、

なんとしても出場したいと思うはずですよね…。

 

ただ、ノロウイルスに感染している状態で

いつも通りのベストが出せるとは到底思えない…。

 

感染拡大を食い止めることと、

予防は徹底してほしいです。

 

平昌五輪でノロウイルスが流行している◯つの原因説

①.食事説

「平昌五輪のスタッフ・関係者の食事がヒドイ」

ということも話題になっていますね。

 

ノロウイルスとの関係性についてですが、

ノロウイルスに感染した調理師が

料理を作ると、その料理を食べて

ノロウイルスに感染する危険性があります。

 

実際に報道関係者が宿泊する施設の調理師たちが

ノロウイルスに感染しているとの

情報も出ていますし…。

 

感染した調理師が作った食事が

ノロウイルス感染拡大の要因になっている

可能性は大いにありそうです。

 

②.最悪の衛生環境説

会場や会場周辺のボランティアスタッフからは

信じられない衛生環境が

Twitterなどで暴露されているようです。

 

その衝撃の内容としては、

「1300人に与えられた洗濯機はたったの7台」

「これはまるでノロウイルスの培養室」

「私たちは実験台か?」

「宿舎でノロに感染した数十人が病院に。今も救急車が来ている」

「20人でひとつの部屋。シャワーや飲み水も汚い。トイレは詰まり、ゴミ箱もない」

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14279331/

 

これはヒドイ…。

 

メインスタジアムにおいては3万5000人収容で、

観客のトイレの数は男性用が21基、女性用は44基

絶対に足りるわけありません…。

 

トイレが詰まってもそのままだったり、

洗面所も混雑するので、

手を洗わない人もいることでしょう…。

 

衛生環境はかなり劣悪と言えそうですね^^;

 

③.人工雪説

もともと雪の少ない韓国・平昌ですが、

今年はラニーニャ現象の影響もあり、

さらに雪が少ない状況となっています。

検索 ラニーニャ ラニーニャ現象を簡単に分かりやすく解説!日本への気温や天候の影響は?

 

少ない雪を補うために使用されているのが、

人工降雪機

 

その降雪機に使われている水に

衛生的な問題があり、

 

その水が雪となって

撒き散らされていることで

ノロウイルスの感染拡大に繋がっているのでは?

と、ネット上でも騒がれています。

 

使用されている水についても調べてみましたが、

ミネラル成分などを除去した純度の高い「水」を使用。

引用元:https://sportsbull.jp/p/103053/

という記述しか見当たりませんでした^^;

 

しかし、なきにしもあらずという感じの説ですね。

 

その他にもクソ寒い中、

選手が滞在する部屋の暖房が壊れている

という話も…^^;

いずれにしても

オリンピックを開催する上で、

配慮と準備が足りてなかった感がありますね…。

 

日本人選手は大丈夫!?

2018年2月10日時点で日本選手の

ノロウイルス感染は確認されてません。

 

ただ、これだけ感染拡大している状況だと、

心配ですね…。

 

何事もなく、ベストを尽くし、

一つでも多くのメダルを獲得してほしいですね!

まとめ

  • 平昌五輪でノロウイルスが大流行
  • 症状を訴え、隔離されている人が1000人以上
  • 2018年2月10日時点で選手の感染は確認されていない
  • 選手が感染した場合は隔離の上、出場できるかどうか協議される
  • ノロウイルスの感染拡大について食事説、最悪の衛生環境説、人工雪説が出ている
  • 日本人選手の感染は確認されていない

 

各国の人が大勢集まるオリンピックだからこそ

感染症は余計に心配になりますよね…。

 

まさかここまでノロウイルスが感染拡大することは

組織委員会も予想していなかったことでしょう。

 

各国の代表として出場している選手たちが

感染しないことを祈りたいと思います…。

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ