【北海道不明男児見つかる】自衛隊員「もしかしたら大和くん?」

  • LINEで送る

陸上自衛隊 駒ヶ岳演習場 男児発見

北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学生2年生、田野岡大和(たのおかやまと)くん(7)が2016年6月3日の朝、無事に発見・保護されました。目立ったケガや衰弱している様子は無く、話もできる状態とのこと。

今回は

  • 行方不明までの経緯
  • 発見時の様子

などを中心にお伝えさせていただきます。

Sponsored Link

「しつけのため」行方不明までの経緯

  1. 2016年5月28日、鹿部町の公園に家族で出かけていた
  2. 大和くんが公園で石を投げるイタズラをしていた
  3. 帰りの道中、北海道七飯町の山林で両親が「しつけのため」と称して大和くんを置き去りに
  4. 両親が置き去りにした場所に戻ると大和くんの姿は無く、行方が分からなくなる
  5. 両親が警察に捜索願い。その後自衛隊も捜索に加わる
  6. 5日間、必死の捜索が続くも手がかりも見つからず
  7. ネットでは「すでに亡くなっているのでは…」という不吉な説も流れ始めていた

 

その後、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で見つかる

2016年6月3日午前7時50分頃、行方不明となった場所から北に約4キロ離れた隣の鹿部町で大和くんを発見。

大和くんを発見したのは、駒ヶ岳演習場で演習中だった自衛隊員。

大和くんは演習場内の休憩所の中にいて、自衛隊員が「もしかしたら大和くん?」と声をかけると「そうです」と答え、保護されました。

 

大和くんは「土曜の夜に歩いて小屋にたどり着いた」と説明しており、行方不明となった5月28日中に自力で4キロの道のりを歩いて駒ヶ岳演習場までたどり着いていた様子。

その後はドクターヘリで病院に搬送、警察は身元の確認と行方不明となった詳しい経緯などを調査中です。

Sponsored Link

なぜ置き去り現場から離れたのか?

大和くんには両親を困らせたい気持ちがあったのではないかと考えます。

おそらくですが、普段からこのような「しつけ」のやり方を両親は行っていて、それに対する反抗の気持ちが大和くんには芽生えていたのではないでしょうか?

 

子どもを持つ身としては、

子どもに対する「しつけ」が「いじめ」にならないよう、一時の怒りに身を任せるのは控えたいものです。

 


子どもの脳を伸ばす「しつけ」 ~怒る前に何をするか–「考える子」が育つ親の行動パターン~

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ