リーチマイケル(ラグビー)の年収と出身地と高校は?経営してるカフェや嫁(妻)と子供も気になる!

  • LINEで送る

ラグビー

前回大会のラグビー日本代表のキャプテンである、

リーチマイケル選手を知っていますか?

日本への留学をきっかけに日本のラグビー界を押し上げ、

現在も現役選手として活躍するスター選手のひとりです!

 

なぜ彼は日本でラグビーの代表選手になったのか?

彼の強さの秘訣やプライベートなど、

気になることがたくさんありますね!

 

そこで今回はラグビー日本代表のリーチマイケル選手について、

  1. リーチマイケルのプロフィールと年齢と出身地
  2. 身長と体重
  3. 出身高校と大学
  4. リーチマイケルは日本語ペラペラ?
  5. 年収(年俸)はいくら?
  6. 経営してるカフェはどこ?評判は?
  7. 結婚してる嫁(妻)は日本人?子供はハーフ?

など、調査してまとめました!

リーチマイケルのプロフィールと年齢と出身地

名前:リーチ マイケル

国籍:日本(JAPAN)

生年月日:1988年10月7日

年齢:30歳(2019年7月時点)

出身地:ニュージーランド クライストチャーチ

競技:ラグビー ポジション:ナンバーエイト

 

父はニュージーランド人、母はフィジー人のため、

日本人には見られない体格なのは納得できますよね。

 

2013年に法務省から日本国籍の許可が下りたことから、

正式な日本人としてマイケル・リーチから、

リーチ・マイケルに改名したようです。

 

リーチマイケルの身長と体重

身長:190㎝

体重:105キロ

 

口周りを覆う大きな髭が特徴的なリーチマイケル選手ですが、

もともと外国人というだけありカラダはとても大きいです。

 

加えて、腕・体幹・脚なども無駄な筋肉は一切ついていません。

黒く日焼けした皮膚が強さを一層引き立てているように見えますね。

 

チームのキャプテンとしても活躍するリーチマイケル選手は、

まわりの信頼も厚いようです。

リーチマイケルの出身高校と大学

  • 出身高校:札幌山の手高等学校
  • 出身大学:東海大学

 

15歳の時に来日し、留学生として高校に進学しました。

 

数々の成績を残し、名門の東海大学へ進み、

ラグビーフットボール部に所属。

 

2008年に開催されたジュニア世界選手権では、

日本代表に選出され活躍していました。

 

東海大学の3年生、4年生では2年連続でベスト4以上の成績を残して、

実業団からの熱いスカウトを受けることに。

 

大学卒業後は実業団の活躍が認められて、

ワールドカップの日本代表に選ばれています。

 

その後も活躍する時期とケガで長期離脱する時期を繰り返しながらも、

まだ記憶に新しい2014年のワールドカップで、

日本代表のキャプテンとして甚だしい活躍を見せました。

リーチマイケルは日本語ペラペラ?

リーチマイケル選手は日本に来てから10年以上が経ちますので、

さすがに日本語はペラペラです。

 

以前にもバラエティ番組に出演され、

その流暢な日本語が話題にもなりました。

 

現在は帰化されて日本人として暮らしているので、

同じ日本人として接することが、

リーチマイケルさんにとっても嬉しいのではないでしょうか?

 

リーチマイケルの年収(年俸)は?

プロラグビー選手は基本的にはプロ契約ではなく、

会社員として勤務しながらラグビーを行うのが基本です。

 

しかし、リーチマイケル選手は、

実業団・日本代表・海外クラブチームにも所属する有名選手のため、

通常のラグビー選手に比べると収入は多いみたいですね。

 

実際の金額などはわかりませんが、

ラグビー界でプロ契約されている山田章仁選手が、

年収3000万円という噂ですから、

同じくらいはもらっているのではないでしょうか?

 

しかしまだ野球などに比べるとマイナースポーツに数えられてしまうところが、

ラグビー界のつらい現状ですね。

 

リーチマイケルが経営してるカフェはどこ?評判は?

リーチマイケル選手は、

「CAFE+64」というカフェを分部河原駅の近くにオープンさせています。

コンセプトは「ニュージーランドと日本を繋ぐ」としており、

ニュージーランドの雰囲気を感じながら、

珍しい地元の料理や飲み物を味わうことができます。

 

季節限定商品やアルコールも提供しているため、

1年中毎日楽しめるカフェバーのようになっています。

お店の評判は上々で、

特にインスタ女子やゆっくりした時間を過ごしたい方に、

人気が出ているようです。

結婚してる嫁(妻)は日本人?子供はハーフ?

2012年に現在の奥様と結婚されており、

娘さんとの3人家族です。

 

奥様は大学の時の同級生で、

元バレー選手のアスリートだったようですね。

171㎝と女性としては高身長でありながら、

ライフセービングの資格を取得しているなど、

スポーツ能力がとても優れています。

 

そんな二人の遺伝子を受け継いだ愛娘はまだスポーツをおこなっていないものの、

将来的には何かの競技のスター選手になりそうな予感です。

伸び伸びと育ってほしいですね!

まとめ

リーチマイケル選手について気になることをまとめてみましたが、

いかがだったでしょうか?

 

今や日本のラグビー界に欠かせない存在となったスター的存在である、

リーチマイケル選手は数々の成績を残しつつも、

着実に階段を上ってきたようですね。

 

母国であるニュージーランドから遠い日本に来て、

日本ラグビーの実力と人気を押し上げてくれてることに、

我々は感謝しなければならないですね。

 

この国のラグビーの発展と様々な形で日本を世界と繋ぐ存在に賛美を!

今後も彼の活躍に期待しましょう。

 

頑張れリーチマイケル選手!

 

こちらのラグビー日本代表選手の記事もおススメです!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ