清原和博の亡くなった弟分A氏の名前は?運転手や後見人だったが本来の職業も気になる!

  • LINEで送る

逮捕された元プロ野球選手、

清原和博さんを支え続けた

たった一人の人物がいました。

「弟分A氏」

清原さんが保釈されてからも

ずっと側で支え続けてきた人です。

 

そんな弟分A氏とは一体どんな人物なのか?

  • 名前は?
  • 職業は?
  • 謎に包まれた死因

など、気になることをまとめました。

清原一博の弟分A氏の名前は?

それでは早速ですが、

弟分A氏の名前は…

 

家崎明さんです。

 

A氏=「明」の頭文字ということでしょうかね。

 

弟分A氏のプロフィール

名前:家崎明

生年月日:1973年12月14日(享年43歳)

出身地:愛知県稲沢市

趣味:格闘技

好きなスポーツ:野球

 

清原さんが西武ライオンズに

所属していた頃からの間柄らしく、

色々と可愛がってくれる清原さんに

恩義を感じていたようです。

 

清原さんが逮捕された際、

家族を始め、多くの人が離れていく中、

唯一側で支え続けてくれた人物が

家崎明さんでした。

 

そんな家崎明さんが

突然の死を迎えたのが

2017年4月8日のこと。

 

交際していた女性が自宅で発見した際には

すでに首を吊って亡くなられていたようです。

 

しかし、司法解剖の結果、謎な部分も多く、

死因については

  • 病気だった
  • 自殺だった
  • 酒で睡眠薬を服用したことによる事故死
  • 誰かに消された

などの説が上がっているようです。

 

断定できないってことは、

ドアノブでってことですかね…?

 

その4日後のm2017年4月12日。

地元の愛知県稲沢市で

葬儀が行われ、清原さんも出席されています。

 

弟分A氏の職業は?

清原和博さんが保釈された後、

  • 運転手
  • 宮古島への同行
  • 後見人(世話役)

としての役目を果たしながら、

清原和博さんを支え続けていた家崎明さん

 

CHAGE and ASKAのASKAさんや

飯島愛さんの運転手を

していたこともあるようですね。

 

そんな家崎明さんは生前、

東京六本木でクラブを経営していました。

 

また、驚くべきことにかつて

地下格闘技に関わっていたことを

自らフライデーの取材で告白しています。

 

地下格闘技は暴力団も関わっているような

限りなく黒い世界。

そのことから家崎明さん自身も

そういった類なのでは?と疑われてもいました。

 

いくら過去の話とはいえ、

「自分が側にいることで

清原さんに迷惑をかけてしまうのでは?」

 

そう考えていた家崎明さんは

清原さんが完全に立ち直った時には、

あえて距離を置くつもりでいたようです。

 

…なんて義理堅い人なんだ。

 

自分以上に自分のことを大切に思ってくれる

後輩を失ってしまった清原さんの心中…。

本当に気の毒ですね…。

 

謎に包まれた死

家崎明さんは亡くなる前日、

美容院でパーマをかけたりしていたようで、

特にいつもと違う様子も無かったんだとか。

 

さらに謎なのが、

孤独な身となった清原さんを支え続け、

「立ち直った時には自身の過去のせいで

迷惑かけないように離れる」

みたいなことまで言っていた人物が、

 

まだまだ苦難の状況にいる清原さんを置いて

自ら命を…とは考えにくいですよね…。

 

真相が明らかになる日は来るのでしょうか…。

まとめ

  • 清原和博を支え続けた後見人「弟分A氏」=「家崎明
  • 2017年4月8日に突然の死
  • 生前は東京六本木でクラブを経営していた
  • 過去には地下格闘技に出場していたことも
  • 死因についてはいまだ謎につつまれている

 

誰かに危害を加えた訳ではないにしろ、

自らが蒔いた種。

いまだ長いトンネルを抜けられずにいる清原さん。

 

家崎明さんの為にも、

かつてのファンの為にも、

立派に立ち直ってほしいものですね。

 

 

そして、

しっかりと更生した暁には

暖かく迎えてあげられる。

そんな世の中であってほしいものです。

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ