森崎ウィンはイケメンだけどハーフではない!?国籍と彼女や両親についても気になる!

  • LINEで送る

森崎ウィン 俳優 映画

今、話題になっている大注目の

森崎ウィンさん!

スピルバーグ監督の映画作品に

大抜擢されハイウッドデビュー。

俳優として、

また歌手としても活躍しています!!

  • ハリウッドデビューしたきっかけ
  • 本名は?
  • 彼女はいるのか?

など気になることが盛りだくさんですね。

 

ということで今回は、

  • 森崎ウィンのプロフィールや経歴
  • 森崎ウィンの出身高校や大学
  • 森崎ウィンはハーフじゃない!?両親の国籍は?
  • 森崎ウィンの本名は?
  • 森崎ウィンに熱愛彼女はいる?

など、調査してまとめてみました。

森崎ウィンのプロフィールや経歴

名前:森崎ウィン(もりさき うぃん)

生年月日:1990年8月20日

年齢:27歳(2018年4月時点)

血液型:O型

出身地:ミャンマー/ヤンゴン

話せる言語:日本語、ミャンマー語、英語

所属事務所:スターダストプロモーション

 

生まれ育ったのはミャンマーで、

小学4年の時に来日。

 

中学2年の時に恵比寿で、芸能事務所

「スターダストプロモーション」に

スカウトされました。

 

「スターダストプロモーション」といえば、

竹内結子さんや柴咲コウさんなど、

挙げればキリがない程有名な役者や

歌手が勢ぞろいの大手芸能事務所です。

 

当時はサッカー少年で、

特に芸能界には興味がなかったそうですが、

“ダンスや演技のレッスンが無料”だと聞き、

習い事をする感覚で

そのまま同事務所に所属することに。

 

2008年に5人組ダンスボーカルユニット

「PrizmaX」に加入し、

ボーカル担当として2013年に

CDデビューを果たします。

 

続く2ndシングル「Ready」は、

森崎ウィンさん本人がなんと作曲まで担当!

 

また、同時期に俳優としても

活動をスタートしています。

 

2016年6月にスティーブン・スピルバーグ監督の

SFアドベンチャー超大作「レディ・プレイヤー1」

(2018年4月公開)で主要キャストに大抜擢!

 

この撮影の為、「PrizmaX」としての活動は

一旦休止になってしまいますが、

約4か月の撮影が終わり、

また活動を再開させています。

 

このスピルバーグ監督の

映画のオーディションは

2015年に日本で行われましたが、

最初は “某ハリウッド映画”としか聞かされず、

1次オーディションを受けていたそうです。

 

1次通過後、次はLAにてオーディションでしたが、

その出発前夜に「スピルバーグ監督の映画だ」

と聞かされるサプライズ!

 

緊張しっぱなしで2次オーディションが終わり、

その後8か月間全く連絡がなく

待ってきたところ、抜擢のお知らせが!!

 

大抜擢の大きな理由は、

「英語の発音がきれい」だったからだそうです。

 

オーディション前夜に、

実はスピルバーグ監督の映画だなんて、

言わないでほしいですよね…^^;

 

そんなド緊張の中、

このオーディションに勝ち抜き、

選ばれたことは本当にすごいことです。

 

  • 顔はイケメン!
  • 歌もうまい!
  • 演技もピカイチ!

素晴らしい三拍子が揃っていますね。
そんな森崎ウィンさんの

プライベートな話も気になります!!

 

森崎ウィンの出身高校や大学

小学4年の時に日本に来ているので、

高校・大学は日本の学校になりますね。

 

早速調べたところ、

森崎ウィンさんの出身高校は、

都立第一商業高校でした。

 

高校も所属事務所も渋谷区のようなので、

事務所も近い高校にしたのでしょうか?

 

高校名はわかったものの、

その後の大学進学先などの

詳細はつかめませんでした。

 

スピルバーグ監督の映画撮影時も

大学在学中という噂もありましたが、

その時すでに25~26歳。

 

大学を進学しているのかさえ、

有力な情報はありませんので、

今後メディアの露出が増えてくると

そういう情報も明らかになるかもしれませんね。

 

森崎ウィンはハーフじゃない!?両親の国籍は?

なんと森崎ウィンさん、

ハーフではないようなのです!

 

名前はハーフっぽいですけど、

顔はわりと日本人っぽいですよね。

 

実はご両親の国籍は、

ミャンマーだそうで、

純粋なミャンマー人でした!

 

「なぜ家族で日本に?」と気になりますね。

 

最初はご両親がいわゆる出稼ぎの為

日本に来ていて、

そのあと貿易会社を設立しました。
森崎ウィンさんは

当時おばあちゃんと暮らしていたそうで、

小さい頃から休みになると

ご両親に会いに日本に度々来ていたようです。

 

そして、弟が生まれたのを機に、

小学4年で日本に移りました。

 

日本に来た当初は、

日本語がわからず苦労したこともあり、

今でも漢字は苦手だそうです。

 

そんなに流暢でないけれど、

現在は英語も日本語も話せるミャンマー人!

すごいですよね。

なかなかいないと思います。

 

森崎ウィンの本名は?

純粋なミャンマー人だというのに、

「森崎」ってバリバリ日本名ですよね…。

 

実は、ミャンマーには

苗字という概念が存在しないようです。

 

この「森崎」の苗字は、

日本で住む為なのか(それとも帰化?)、

芸能活動の為に付けられた芸名なのか、

はっきりと特定はできませんでしたが、

この苗字は本名ではないことは確かです。

 

しかし、

「ウィン」という名前は本名のようで、

ミャンマー語で

  • 「明るい」
  • 「賢い」

などの意味があり、

おばあちゃんが付けてくれたそうです。

 

英語では“win(勝利)”という意味もありますね。

本当に名前通りの方だと思いますし、

素敵な名前です。

 

森崎ウィンに熱愛彼女はいる?

調べたところ、

彼女の情報は特に出てきませんでした。

 

中学2年の時から芸能活動していますし、

歌手や俳優、ハリウッド映画と

近年は多忙を極めています。

 

今は仕事に熱中しているのかもしれませんね。

 

そこで、森崎ウィンさんの

好きなタイプをキャッチしました!

 

「ちょっとぽっちゃりしていて、

笑顔をたくさん見せてくれる子」

だそうです。

 

男性の言うぽっちゃりというのは、

意外とぽっちゃりじゃないことが

多い気がしますが…。

 

俳優として、歌手として、

色んな出会いがありそうなので、

これからに期待ですね!

まとめ

  • 生まれ育ったのはミャンマーで、小学4年の時に日本に移住
  • 中学2年の時にスターダストプロモーションにスカウトされデビュー
  • 出身高校は都立第一商業高校、大学進学先などの詳細はわからず
  • ご両親はミャンマー人なので、ハーフではなく純ミャンマー人
  • おばあちゃんが名付けた「ウィン」は本名
  • 彼女の情報は特になかった

 

2018年は、スピルバーグ監督の映画

「レディ・プレイヤー1」をはじめ、

すでに他3本の映画出演をしています。

 

その中には、

「クジラの島の忘れもの」(2018年5月公開)

で主演を務めることもわかっています。

 

ノリに乗っている森崎ウィンさん!

今後ますます目が離せないですね。

さらなる活躍に期待です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シェリー [ 森崎ウィン ]
価格:3618円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ