天気の子の評価レビューと感想とストーリーネタバレまとめ!瀧と三葉も出演で本田翼の演技は酷い!?

  • LINEで送る

天気の子 声優

観てきましたよ、天気の子!

秒速5センチからの新海ファンですから、

今回も待ち遠しくてたまりませんでした!

 

前作の君の名は。が超メガヒットを記録しましたが、

  • 今回の天気の子は君の名は。を超えるくらい面白いのか?
  • 気になるストーリーのネタバレは?
  • 予告で酷いと言われていた本田翼の演技はどうだったのか?
  • 君の名は。のキャラも出演してるって本当!?

など、気になることが盛りだくさんですね。

 

ということで今回は、

  1. 天気の子のストーリーネタバレ
  2. 天気の子レビューと感想!5段階評価でまとめてみた
  3. 瀧と三葉も出演で君の名はファン歓喜!?
  4. 本田翼の声優としての演技は酷い?
  5. 天気の子小ネタ5連発!

などをまとめてみました!

 

ネタバレ注意!

いきなりストーリーの全体像をご紹介しますので、

まだ映画を見ていないという方はご注意ください。

 

ネタバレを飛ばしたい方は、

下記の目次よりレビューと感想から見ていただけますと幸いです。

天気の子のストーリーネタバレ

舞台は雨が降り止まない東京。

離島から家出して東京にやってきた高校生:森嶋帆高。

 

東京行きの船の中でゲリラ豪雨に出くわし、

はしゃいで一人甲板へ。

滑って海に落ちかけたところを、

オカルト雑誌のライター業を営む須賀圭介に救われる。

 

東京についてしばらくは放浪の日々。

家出した高校生にロクな職も住処も見つかるはずなし。

 

人々から冷たい対応を受けて心も冷めきっていく中、

ある事件で犯人が捨てていた拳銃を偶然拾う。

 

ホームレス生活に耐えかね、

怪しいと思いながらも須賀圭介に頼るしかなくなり、

オカルト雑誌のライター兼雑用として雇ってもらえることに。

 

そこで夏美と出会う。

夏美と共に都市伝説のネタを取材に勤しむ日々。

 

そんなある日、スカウトに強引な勧誘をされている女の子に出会う。

その女の子こそが、ヒロインの天野陽菜。

 

彼女にかつてビッグマックをおごって貰ったことのある帆高は、

とっさに陽菜の手を引き、スカウトから逃走。

 

追いかけてくるスカウト。

捕まってボコボコにされる帆高。

 

思わず持っていた拳銃を発砲し、

スカウトから逃げ出せた帆高と陽菜

 

陽菜は母親を病気で亡くしており、

「もう一度お母さんと青空の下を歩きたい」

という思いから雨の中で光を放つ雑居ビルの上の鳥居に参拝。

天気を操る不思議な力を手に入れていた。

 

しかし、

弟の凪と二人暮らしでお金に困っていた陽菜は、

やむなく水商売に足を踏み入れようとしていたところを帆高に救われたのだ。

 

その力を知った帆高は、

晴れを欲しがっている人からの依頼を募集するサイトを立ち上げ。

 

陽菜の力を使って毎回晴れを実現し、

依頼人から報酬のお金と感謝の笑顔を受け取っていく。

 

しかし、その力は代償を伴うものだった。

その力を使い続けるものはいずれ、

人柱としてこの世から姿を消すことになる。

 

一方、帆高は家族から捜索願を出されていたことと、

拳銃をぶっ放していたところが監視カメラで映っていたことで、

警察から追われる身となる。

 

晴れを求める人々を笑顔にするため、

警察に追われる主人公を助けるため、

力を使い続けていく陽菜。

 

一方で東京の天気はさらにおかしなことになり、

8月だというのに雪まで降り出す異常気象。

 

陽菜の姿は力を使いすぎた代償として、

少しずつ液体のように透明になっていき…

ある朝起きるとその姿は完全に消えてしまう。

 

陽菜が消えた代わりに晴れを取り戻した東京。

帆高は「消えた陽菜を探しに行かせてくれ」と懇願するも、

警察に捕らえられてしまう。

 

帆高はここでも大人しく引き下がるわけはなく、

警察での事情聴取から逃げ出し、

陽菜を探すため奔走。

 

「あのとき話してくれた雑居ビルの鳥居に行けば、また会える」

そう思った帆高は夏美の力を借りながら、

警察を振り切って鳥居の場所に向かう。

 

そこに待っていたのは、

須賀圭介だった。

 

須賀は帆高に

「落ち着け」「警察に行って、実家に帰れ」

となだめるも帆高は拳銃を向けてきて聞く耳を持たない。

 

そこに警察が突入。

帆高を強引に取り押さえる。

 

必死な帆高の姿に亡くした妻のことを思い出し、

泣き始める須賀。

 

さっきまで帆高を止めていた立場のクセに警察を妨害し、

帆高の行く道を助ける。

 

帆高は鳥居へとたどり着き、

雲の上の世界へと飛ばされる。

 

そこで陽菜と再会を果たし、

帆高は陽菜が犠牲になって晴れを取り戻した東京よりも、

東京が雨に沈んでも陽菜が帰ってくる世界を望む。

 

地上に戻ってこれた帆高と陽菜。

 

しかし、帆高は警察に捕らえられ、

地元に返されて保護観察処分のまま高校生活を送ることに。

 

陽菜が力を失ったことで、

東京では3年もの長きに渡って雨が降り続き、

多くの地域が水没してしまう

 

高校を卒業した帆高は陽菜にもう一度会うために東京へ。

 

帆高はあの時のように天に祈りを捧げている陽菜に再会し、

涙を流す。

 

end

 

だいぶ端折ったつもりでしたが、長くなってしまいました。

まだ1回しか観れていないので説明不足な箇所もあるかもしれません。

 

ちなみに、ソーツォードォーリと発言していた、

夏美と須賀の関係は

愛人ではなく、叔父と姪でした^^;

天気の子レビューと感想!5段階評価でまとめてみた

他の映画と比較しても分かりにくいので、

どうしても比べられてしまうメガヒット作:君の名は。を、

ALL5つ星として、今回の天気の子を

  • ストーリー
  • キャラ
  • 音楽
  • 作画

の各項目で個人的に5段階評価してみました。

 

1.ストーリーを5段階評価

★★★☆☆ 星3

 

異常気象とか豪雨とか、今の現状に近くて面白かったです。

 

しかし、結局はヒロイン1人を救うために東京を3年も続く雨で水没。。。

 

君の名は。では、

三葉だけでなく町の人たちも必死に手を尽くして救おうとしてたからこそ、

心から応援できた感じがするんですけどね。

 

今回は本当に、

帆高が陽菜を救うためだけに自分も世界も犠牲にする話

という感じがしてのめり込めなかった。

 

「天気とは天の気分。

人間が記録した数百年の尺度で異常だとかどうとか語れるものではない。」

みたいなことが劇中で語られてたんですが、

 

自然が猛威を振るえば人間なんてどうしようもない

ということが言いたかったのかな。

 

誰かのために世界を犠牲にする話より、

両者が救われるために模索する話が見たかった。

というのが、個人的な想いです。

 

2.キャラを5段階評価

★★★☆☆ 星3

 

個人的に一番気になったのは、

主人公の森嶋帆高ですね。

 

思いつきで行動しまくって事態をどんどん悪くしてる感じが….^^;

 

具体的にいうと、

  • 大した理由も明かされずホームレス同然で家出
  • 捨てられていた拳銃を拾って本物か確かめず持ち歩く&警察に届けない
  • 逃げ切れるわけないのに警察から度重なる逃走
  • 逃走中とはいえ線路を走る
  • 多くの人を犠牲にしてでも陽菜を救う決断を簡単にする

などですかね。

 

君の名は。の瀧くんと比べるとどうしても好きになれない(個人的に)

 

ヒロインの陽菜も須賀も夏美も、

もうちょっとそれぞれの過去描写や心理描写を丁寧に描いてくれれば、

感情移入できてラスト付近で涙できたのかな〜と。

 

でもやっぱりなにより主人公ですね。

主人公の帆高に好感が持てなかったのが一番大きかったかな。。。

もう少し、家出の背景とか心理描写があれば感情移入できたのかも。

 

3.音楽を5段階評価

★★★★☆ 星4

 

やはりRADWIMPSがいいですね!

「あい〜にで〜きること〜は」

とか、ずっと頭の中でループしてます。

 

ただ正直、君の名は。に比べると…。

  • 夢灯篭
  • 前前前世
  • スパークル
  • なんでもないや

音楽に関しても君の名は。が良すぎましたね。

 

 

エンディングで音楽付きのスタッフロールからの、

すぐにスタッフロールでもう一回同じキャストの紹介。

っていうのも個人的にはちょっと気になりました。

 

まとめた方がスッキリして良かったような。。。

 

4.作画を5段階評価

★★★★★★ 星6

 

作画についてはもう君の名は。の5段階を超えました

雨の描写、高層ビルの屋上から眺める花火、水没した東京さえ、

本当に素晴らしかった!

 

君の名は。以前から作画、

風景描写が素晴らしいと言われてきた新海作品でしたが、

さらに他の追随を許さないレベルまで進化していましたよ!

 

5.総合で5段階評価

★★★★☆ 星4

 

結構厳しいことを言いましたが、もう一度見たい。

素直にそう思える作品です。

 

と言うか、やはり一回見たくらいでは物語を吸収仕切れない。

さらに言うと、小説や漫画版も読み込んで、

初めて飲み込める話なのかも。

 

もっと言うと、現実世界。

豪雨被害や異常気象が頻発している現代と照らし合わせて飲み込んで、

メッセージを感じ取れる作品なのかもしれませんね。

 

でも正直、君の名は。の方が面白いと思ってしまった (´・ω・`)

 

瀧と三葉も出演で君の名はファン歓喜!?

君の名は。では言の葉の庭のキャラが出てきて、

ファンの間で大きな話題になりましたが、

今回もやってくれました!

 

天気の子では、

君の名は。のキャラが出演してくれてます!

 

瀧くんは晴れを求める依頼者の孫として、

三葉はアクセサリーショップの店員として、

セリフありで出演しています!

 

特に瀧くんの出番はかなりガッツリ。

めちゃくちゃ喋ります。

 

他にも、

四葉がホテルのフロントもしくは最後に出たJK(?)として、

テッシーとさやかは展望台に乗ってるカップルとして、

出演してるそうなんですが、

私は1回目の鑑賞では分かりませんでした。。。

 

瀧くんが学生服っぽいのを着ていたので、

君の名は。の時系列でいくと、

隕石が落ちた後で、2人が再会する前ということですかね。

 

その間、東京は雨が降り続いている、

もしくは復興中ということになりそうなんですが、

瀧と三葉が再会した時にはどこも被害は受けてませんでしたからね。

 

物語の時代背景自体に繋がりはなく、

パラレルワールド的な感じなのでしょうか。

本田翼の声優としての演技は酷い?

「きみのソーツォードォーリダヨ?」

公開前予告にて声優としての演技が酷いとネタにされていた本田翼さん。

 

監督の新海誠さんも製作報告会見で

「(Vコンテで自分が演じた夏美から)どんどん違うキャラクターになっていく。キャストの中で一番、遠いところにいった」

「予想もしないアクセント、言い方ばかりが出てきて。すごく楽しいと思います。(観客も)びっくりすると思います、確実に」

などと苦言を呈しているようにも聞こえる発言をしていましたね。

 

で、実際に映画を全部見てみての個人的な感想は…

 

そこまで悪くない

と素直に思いました。

 

散々ネタにされてたソーツォードォーリは笑っちゃいましたが、

後半のバイクシーンなどは文句なし。

 

若干気になったのは、

都市伝説取材で話を聞いてるときシーンとか、

ところどころ滑舌が怪しい箇所があるところ。

 

しかし、声優が本業じゃない人が出演してるようなジブリや他アニメでも

もっと聞くに耐えないような演技の方もいらっしゃるので…。

 

逆に須賀圭介役の小栗旬さんと、

立花冨美(瀧くんの祖母)役の倍賞千恵子さんは文句なしに上手かったです!

天気の子小ネタ5連発!

天気の子には数々の企業ネタや小ネタが散りばめられています。

小ネタを探すのも大きな楽しみの一つですよね!

ここでできる限りをご紹介していきます。

 

  1. 「バーニラ、バニラ、バーニラ」公開前にリークされていた情報はマジだった
  2. ソフトバンク白戸家のお父さん(犬)が2回出演している!?
  3. マックとビックマックが登場(現実よりウマそう)
  4. 君の名は。キャラが多数出演
  5. AKBのフォーチュンクッキーと星野源の恋をラブホのカラオケで歌う

他にもあった気がするけど…。

まとめ

あれこれ厳しめなことも書いたつもりなんですが、

もう一回観たいな〜。

この記事書いててもう一回観たいな〜。

心からそう思います。

 

そして小説も見なければならん!

ラストシーンの描写も補完されてるらしい。。。

 

君の名は。、天気の子と続いて、

さらに世界観を繋げる続編が用意されていたらファンとしては嬉しいですね!

 

こちらの記事もオススメです!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ