清水有高(ビハイアパワハラ社長)の経歴や評判やドヤ顔画像は?結婚している妻や大山さんとの出演動画も

  • LINEで送る

悩み 障害
「死んだほうがましですか」

またまたパワハラで

痛ましい事件が起きてしまいました。

ビ・ハイア株式会社で働いていた

大山莉加さんを自殺まで追い詰めたのは、

社長の清水有高

 

この清水有高とは、

一体、どんな人物なのでしょうか?

 

そこで今回は、

  1. 清水有高(ビハイア社長)のプロフィールと顔画像
  2. 清水有高(ビハイア社長)の生い立ち
  3. 清水有高(ビハイア社長)の学歴・出身高校や大学はどこ?
  4. 清水有高(ビハイア社長)の経歴
  5. 清水有高(ビハイア社長)の評判は?
  6. 清水有高(ビハイア社長)のパワハラ内容
  7. 清水有高(ビハイア社長)のブラック言動・行動まとめ
  8. 亡くなった大山さんとのyoutube動画
  9. 結婚している妻や子供はいる?

などをまとめました。

清水有高(ビハイア社長)のプロフィールと顔画像

名前:清水有高(しみずゆうこう)

生年月日:昭和53年12月23日生まれ

年齢:39歳(2018年10月時点)

出身地:滋賀県

 

ビ・ハイア株式会社代表取締役社長

 

1ヶ月で1,500〜3,000冊もの読書をする

生粋の読書家でアニメ好きでもあります。

 

もう少し詳しくみていきましょう。

清水有高(ビハイア社長)の生い立ち

滋賀県で生まれた清水有高氏ですが、

3歳の時に両親が離婚。

 

原因は父親の浮気にあったようです。

 

シングルマザーとして母親は女手一つで

清水有高氏を育てました。

 

本好きになったきっかけは

幼稚園の頃から寝る前に母親が

2〜3冊の本を毎日

読み聞かせてくれていたから。

 

小学校に上がってからも

本好きは変わらず。

 

本屋を5〜10件はしごするような

少し変わった少年でした。

 

また、11歳頃には

ある作品に触れたことがきっかけで

漫画・アニメ・ゲームの虜にも。

 

中学でも同様に本屋巡りをするような

少年だった清水有高氏ですが、

 

ある時期から不登校となってしまい、

2年11ヶ月もの間、

学校に行かない日々が続いていたそうです。

 

…2年11ヶ月って

ほとんど登校してなかったってことですね。

 

中学校で何かあったんでしょうか…。

実はいじめられてたとか?

清水有高(ビハイア社長)の学歴・出身高校や大学はどこ?

中学で不登校だったこともあり、

高校は通信制

大津青陵高等学校に進学。

 

卒業後は

滋賀県立大学(偏差値58)に入学し、

卒業しています。

 

清水有高(ビハイア社長)の経歴

実は大学在学中の時から

人材紹介会社の創立メンバーとして

仕事をしていたようで、

 

卒業後はそのまま

そのベンチャー企業の役員として就任。

 

4年間で

  • 売上を4倍
  • 利益を10数倍
  • 社員数を10倍以上

と、目覚ましい実績を残し、

ビジネスについて学んでいきました。

 

その後の2005年、

「大好きなアニメの仕事がしたい」

という思いから、

 

大手アニメーション会社

プロダクションアイジーに転職。

 

その後、同年12月に

ビ・ハイア株式会社を設立し、

独立を果たしました。

 

このビ・ハイア株式会社とは、

アニメ・ゲーム・マンガに専門特化した会社

業界の求人サイトなども運営しています。

 

清水有高氏としては、

もともと好きだった業界に関する会社を作れて

念願が叶った形だったのでしょうね。

清水有高(ビハイア社長)はサイコパス!?評判は?

大山さんの自殺と自身は関係ないと主張する

清水有高氏。

 

一方、評判の方は

以前からあまりよろしくなかった様子。

どうして自分のことを「清水さん」と敬称付きで呼ぶのか。

どうしてフォロワーに実名でのコミットを要求するのか。

どうしてこれ見よがしに高価な葉巻を吸ってみせるのか。

どうしていくらでも嘘をつける数字(年収1億とか月千冊とか)をしつこく強調するのか。

どうして「比叡山の大僧正に会った」などと言って威張るのか。

どうして「東大で講演をした」などと言って威張るのか。

どうして否定的なLiveチャットを神経質に消去するのか。

どうしてBadボタンを押す人に圧力をかけようとするのか。

どうして大山さんの話をしないのか。

引用元:http://usedkenchan.blog63.fc2.com/blog-entry-724.html

 

おまけにサイコパスとまで

言われてしまう始末…。

 

一方、以前は憧れていたという意見も。

清水有高(ビハイア社長)のパワハラ内容

今回、明らかになっているパワハラの内容としては、

  1. 社員3人にブランド品のカバンや靴などを買い与えておきながら2人を保証人にして返済を求めた
  2. ↑のことを1人が知人に喋ったところ守秘義務違反として数千万円の損害賠償を払えと言ってきた
  3. 給料の天引きをし始め、社員3人に支払われる額はほとんど0に
  4. 住む場所にさえ困った3人を会社の事務所に住まわせ家賃まで請求
  5. 「生きているだけで迷惑」
  6. 「殺すと問題があるので、交通事故にあって死んでほしい」などと発言
  7. カメラやGPSで行動監視
  8. 5分ごとに「起きてます」とLINEを送れ
  9. 「私は死んだほうがましですか?」と大山さんが尋ねると目の前にあったPCを破壊し、「(死んだら)ゴミが増えるだけだ」と言い放った。その日の午後に大山さんは自殺。

いや〜、なんとゆうか…

ドン引きっす…。

 

逆にここまでひどいことできるのか?

って感じですよね。

清水有高(ビハイア社長)のブラック言動・行動まとめ

年収をあげる最も確実かつ人気ゼロの方法。

それは長時間労働して勉強し続ける事だ!

引用元:Twitter

 

ワークライフバランスを勝ち取るために、

ワークライフ「アン」バランスに俺は今集中する。

新人が言った名言。

引用元:Twitter

 

以下は亡くなった大山さんが

ビ・ハイアのブログに記載していた内容です。

この会社に居る限りは仕事最優先で、

友達がどんどんいなくなり、

孤独死するのかもしれないと思ったこともありましたし、

 

こんなに仕事をしてもそれが売上に必ずしも

つながる訳ではなかったので資金繰りはカツカツで、

常に現金がなく1日を100円ローソンで

買ってきたできるだけ大きいパンでしのいだり、

suicaでご飯が食べれるお店にやたら詳しくなったり、

 

こんな生活になっているのも

全ては自分に売上を上げる能力が無く

みんなに迷惑をかけているからだと

自分を責めまくって自信をなくし、

更に売上が上がらない

バッドスパイラルに陥ったりしました。

(中略)

もう死ぬしかない!!つらい!!

と思うことは人間関係お金関係ともに何度もあったけど、

結果として死なずに済んでるし、

そう思っていたときよりも

どんどん状況も良くなってきています。

 

いつでもギリギリの瀕死状態まで

自分を追い込んでいく先に進化があると知ってしまったから、

追い込んで次の自分になれるということを楽しんでしまう

ドMになったのかもしれませんが、

今はこのヒリヒリ成長していく感じがたまらなく楽しいです。

引用元:ビ・ヘイア株式会社

この文面を亡くなられた後に見ると

あまりにも悲しすぎる…。

 

結果として死なずに済んでないよ…。

 

ちなみにこの文面、

ビ・ヘイアのスタッフ募集記事です。

 

一応、ブランド物を買ってもらえる

とか最後に良いところを繋げてるんですが、

これを見て「入社したい!」と

思う人はいるのかな…?

亡くなった大山さんとのyoutube動画

大山さんは亡くなる前、

清水有高氏のyoutubeチャンネルにも

出演されていました。

 

その動画がこちら

速読多読 コーチング 一月万冊 清水有高

結婚している妻や子供はいる?

清水有高氏に

結婚している妻や子供がいるか

調べてみたのですが、

詳しい情報は出てきませんでした。

 

ただ、動画を見ていた限りでは

薬指に指輪をされてないので、

まだ独身の可能性も高そうです。

まとめ

  • 社員が社長のパワハラで亡くなったとみられているビ・ハイア株式会社
  • 社長の名前は清水有高
  • 3歳の時に両親が離婚。中学で不登校に
  • 本、ゲーム、アニメ、マンガなどが好き
  • 通信制の高校に通い、滋賀県立大学に合格
  • 大学在学時からベンチャー企業の創立に関わっていた
  • アニメーション会社などを経て、ビ・ハイア株式会社を設立
  • 以前から評判は良くなかった?中には憧れていたという人も
  • パワハラの内容が凄まじい
  • 結婚している妻や子供の情報はなし

 

ホントに最近はパワハラによる悲劇が多いですね。

 

もちろん、それによる自殺かどうかは

まだ確定してはないですし、

清水有高氏にも言い分はあるでしょう。

 

ただ、人の死というのは

それほどまでに重いということ。

 

亡くなった大山さんの為にも

真実が法廷で明らかになってほしいですね。

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ