【前橋育英・飯島大夢】手首骨折でも打ったホームラン!これは美談か?

  • LINEで送る

野球 甲子園 ボール

「その根性はスゴイが…」

2017年、8月9日夏の高校野球

前橋育英vs山梨学院

前橋育英の4番サード

飯島大夢選手は手首を骨折していました。

 

そんな状況ながら、

手首をテーピングで固定し、

打席にも守備にもフル出場した飯島選手。

 

1回、3回とヒットを放ち、

7回にはレフトスタンドへのホームラン。

 

本当に素晴らしい活躍です。

 

ネットニュースでも美談として

取り上げられています。

 

しかし、思うんですよ。

「手首骨折してんのに出場させるってどうなの?」

Sponsored Link

監督公認!?手首骨折でも4番サードフル出場

5月の関東大会でデッドボールを受け、

手首を骨折した飯島選手。

 

前日、群馬大会の決勝以来、

約2週間ぶりに打撃練習した。

「緩い球で、軽く当てる程度」で約10スイング。

痛みが全く消えていなくて、びっくりした。

引用元:yahooニュース

 

「痛みが全く消えていなくて、びっくりした。」

 

いやいやいや、

それでバット振ったらいかんでしょ^^;

 

ましてや、4番サードで出場だって!?

 

監督が「男気がある。昔のガキ大将みたい」

とほれ込む主将。

次も「そこ」にいるだけでいい。

引用元:yahooニュース

 

打てなくても、

練習できなくてもいいから、

チームの士気のために、

4番サードで出場させる。

 

そして試合では、

折れた手首でバットも振るし、

ボールも捕る。

 

…..。

これって学生の部活・スポーツとして

正しい姿なんですかね…?

 

そりゃあ選手本人は出たがります。

毎試合、毎試合、

いつが最後になるか分かんない大会で

悔いを残したくないですから。

 

でも、そんな状態で無理をして、

  • 後遺症が残ったら?
  • 同じ場所にデッドボール受けたとしたら?

 

その辺を考慮して、

監督や周りの大人が説得して

止めるべきだと思うのですが…。

Sponsored Link

それから、高校野球お決まりのコース

  • 明らかに間に合わないのに渾身のヘッドスライディング
  • メディアが撮りたいだけの甲子園の砂映像
  • 炎天下の中、連日投げ続けるエースピッチャー
  • 選手のために体罰もやむなしと思っている指導者

どれも正直、違和感しか感じません…。

 

走らされた野球部マネージャーが

死亡する事件もありました。

 

今こそ高校野球のあり方も

変わるべきときなのではないでしょうか。

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ