eスポーツで獲得賞金が破格なゲームソフトは?日本ランキングTOP5をまとめてみた!

  • LINEで送る

e-sports

eスポーツの市場は海外が先行している為、

自然と洋ゲーが扱われるケースが多いですが、

そんな中でも和ゲーの人気作はeスポーツを盛り上げる一役を担っています。

 

今回は和ゲーの賞金総額TOP5を見ていくと共に、

世界基準のランキングも見ていきます!

 

果たして日本のゲームが世界のランキングにどこまで食い込めるか!?

※2019年時点までの累計ランキングです

日本産ゲームタイトル 獲得賞金ランキングTOP5

第5位『ストリートファイターⅤ アーケードエディション』

STREET FIGHTER V ARCADE EDITION (ストリートファイターV アーケードエディション) – PS4

世界順位:43位

賞金累計:約1億3,810万円

大会回数:61回

ハード :Playstation4

ジャンル:対戦型格闘ゲーム

リリース:2018年1月17日(アップデート)

 

第4位『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

世界順位:42位

賞金累計:約1億5,490万円

大会回数:895回

ハード :Wii U

ジャンル:対戦アクションゲーム

リリース:2014年11月21日

第3位『シャドウバース』

世界順位:41位

賞金累計:約1億5,500万円

大会回数:2回

ハード :iOS、Android、Windows, macOS

ジャンル:本格カードバトル(対戦型オンラインTCG)

リリース:2016年6月17日(iOS)

 

第2位『ストリートファイターⅤ』

ストリートファイターV Best Price – PS4

世界順位:31位

賞金累計:約2億3600万円

大会回数:110回

ハード :Playstation4

ジャンル:対戦型格闘ゲーム

リリース:2016年2月16日

第1位『大乱闘スマッシュブラザーズDX』

大乱闘スマッシュブラザーズDX

世界順位:26位

賞金累計:約3億1642万円

大会回数:2470回

ハード :ニンテンドーゲームキューブ

ジャンル:対戦アクションゲーム

リリース:2001年11月21日

まとめ

スマブラとストリートファイター強し!!

日本でeスポーツといえば対戦格闘のイメージが強いのも頷けますね。

 

ただ、ストリートファイターは日本人選手がトップランカーに位置しているのに対し、

スマブラでは海外選手がトップランカーを独占しているという対照的な構図があります。

 

そしてもう一つ注目すべき点は第3位の『シャドウバース』

なんとたった2大会のみでランクインしてしまいました。

 

今後も優勝賞金1億円という夢のある大会を開催していって欲しいものですね。

ちなみにTOP5から惜しくも漏れてしまい、

第6位となったのは『鉄拳7』(世界ランク53位)でした。

 

日本でeスポーツがもっと繁栄出来るよう、

和ゲーの大会が増々盛り上がっていって欲しいですね!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ