eスポーツで獲得賞金が破格なゲームソフトは?世界ランキングTOP5をまとめてみた!

  • LINEで送る

e-sports

1990年代後半から高額な賞金がかけられた世界規模の大会が開催されるようになり、

現在まで様々なジャンルのゲームがeスポーツとして認定されるようになりました。

シューティング、格ゲー、レーシングといったメジャーなジャンルに加え、

ぷよぷよやテトリスといったパズルゲームや、

スマフォ向けのカードゲームであるシャドウバースまでも、

eスポーツとして大会が開かれるようになりました。

 

今回はそんな多ジャンルに渡るeスポーツゲームの中で、

2019年現在まで行われてきた大会の累計賞金をランキングTOP5にして紹介していきます!

※2019年時点までの累計ランキングです

ゲームタイトル獲得賞金ランキングTOP5

第5位『スタークラフト2』

賞金累計:約32億9,000万円

参加人数:1,932人

大会回数:5,394回

ジャンル:リアルタイムストラテジー

リリース:2010年7月27日

 

マップ上にベース(拠点)とワーカーと呼ばれるユニットがいる状態から開始。

プレイヤーは資源採集、施設の建築やユニットの生産・アップデート、

そして戦闘を同時進行しつつ勝利を目指す。

 

第4位『フォートナイト』

賞金累計:約35億9千万円

参加人数:2,549人

大会回数:338回

ジャンル:TPS(サードパーソンシューティング)、バトルロイヤル

リリース:2017年7月25日(早期アクセス版)、2019年4月25日(XboxOne日本)

 

日本でも大人気を誇るバトルロイヤルゲーム。

集めた素材で壁や坂を作るなど、クラフト要素のあるTPS。

オンライン上で最大100人での対人戦(PvP)と、

最大4人で協力するCO-OPモード(PvE)がある。

第3位『リーグオブレジェンズ』

賞金累計:約73億7千万円

参加人数:6,446人

大会回数:2,301回

ジャンル:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ

リリース:2009年10月27日

 

プレーヤーは3対3あるいは5対5の2つのチームに分かれ、

チャンピオン(キャラ)を選択し、

ネクサスと呼ばれるお互いの本拠地を破壊することを目指す。

 

第2位『カウンターストライク: Global Offensive』

カウンターストライク:グローバルオフェンシブ【日本語版】

賞金累計:約82億8千万円

参加人数:11,588人

大会回数:4,079回

ジャンル:FPS(ファーストパーソンシューティング)

リリース:2012年8月21日

 

プレイヤーは特殊部隊かテロリストどちらかのチームを選ぶ。

ゲームが始まると所持金が与えられ、武器・弾薬・防具を購入し、

マップごとに決められた目的を敵側より先に遂行するか、

敵を全員を倒せば勝利になる。

第1位『Dota2』

賞金累計:約195億円

参加人数:2,977人

大会回数:1,119回

ジャンル:マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ

リリース:2013年7月9日

 

2つのチームが5対5に分かれて戦うゲーム。

どちらかのチームが敵のタワーを破壊しつつ、

敵のエンシェント(本陣)を先に破壊した方が勝利となる。

まとめ

TOP5の3つの共通点から言えるのは、eスポーツはまだまだ海外が本場であること。

  1. PCゲーム
  2. 海外製
  3. チーム戦

 

これからプロゲーマーになって賞金金額を多く稼ぎたい!

という人はストラテジーゲーム(戦略・戦術が重視されるゲーム)がオススメですね。

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ