ゲーム障害(依存症)のチェックリストや診断基準は?治療方法や病院は何科になるかも調査

  • LINEで送る

ゲーム

ついにゲーム依存症がWHOによって

「ゲーム障害」という

病気であると認定されました。

普段からテレビゲームや

スマホゲームで遊んでいる身としては、

「自分もゲーム障害なのかな…。」

と心配になってしまいますよね。

 

そこで今回は、

ゲーム依存症=ゲーム障害について、

  • ーム障害(依存症)の定義は?
  • あなたはゲーム障害?3分でわかる9つのチェックリストと診断基準
  • ゲーム障害は病院の何科になる?
  • ゲーム障害の治療方法は?

などをまとめました!

ゲーム障害(依存症)の定義は?

そもそもゲーム障害(依存症)とは

どのような状態を言うのでしょうか?

 

この度、WHOが定義した内容によると、

  1. ゲームをする時間を自分でコントロールできない
  2. ゲーム以外の出来事や感心事の優先度が低くなる
  3. 日常生活に支障をきたしてもゲームを優先する

こういった状態が12ヶ月以上続くと

「ゲーム障害」と呼ばれる状態のようです。

 

1日のゲーム時間などで定められていないので、

少し具体性に欠ける気もしますが、

 

要するに

起きてる時間と思考のほとんど全てを

ゲームに費やしている状態

ってことですかね。

ゲーム障害(依存症)の特徴や症状は?

ゲーム障害になると、

以下のような特徴が出ると言われています。

 

  • 神経過敏になる
  • 不機嫌になりやすい
  • イライラしやすい
  • 不安に陥りやすい
  • うつ状態
  • 無気力になる
  • 注意力や集中力が低下
  • 社会的機能の低下
  • 多動や不注意の増加
  • 学力や仕事の成績の低下
  • 不眠や昼夜逆転
  • 偏食、欠食
  • 無断欠席、無断欠勤、遅刻の増加
  • 重課金など金銭面でのトラブル
  • ネットでの不正アクセスなどのトラブル

 

主に精神が不安定になったり、

学業や仕事がおぼつかなくなる

といった感じですね。

 

他にも

  • ひきこもり
  • 肥満
  • 視力低下
  • 腰痛
  • エコノミークラス症候群

なども指摘されています。

あなたはゲーム障害?3分でわかる9つのチェックリストと診断基準

先に紹介したゲーム障害の定義だけでは、

イマイチ自分がゲーム障害なのか否か

分かりにくいところがありますね。

 

マンガで分かる

ネット・スマホ依存症治療

によると、

以下のチェックリストに自分を当てはめて

自己診断することができるようです。

  1. ゲームをしていないときでもゲームのことばかり考えてしまう。
  2. ゲームできないときにイライラソワソワしてしまう。
  3. ゲームをする時間がどんどん増えている。
  4. ゲーム時間を減らす必要を感じそしてそれでも減らせなかった。
  5. ゲーム以外の趣味や娯楽が楽しくなくなってきた。
  6. 生活・社会的に問題があり、そうだと分かっていてもゲームを続けてしまう。
  7. 家族などに対して ゲームの使用時間についてウソをついたことがある。
  8. ネガティブな気分を解消するためにゲームをしたことがある。
  9. ゲームをすることで大切な人間関係・仕事・勉強などがおろそかになったことがある。

引用元:https://izons.net/netizon-2/

 

どうだったでしょう?

何個当てはまりましたか?

 

9項目のチェックリストにより、

YESが5個以上ある場合は、

ゲーム障害(依存症)の疑いが大きいです!

 

…とはいっても、

ゲーム好きの大半は

5つ以上当てはまってしまうはず。

 

あとは、ゲームをしていてふと

「このままで大丈夫なんだろうか?」

と不安になる瞬間。

 

この場合もゲーム障害の

危険性が高いです。

ゲーム障害は病院の何科になる?

ゲーム障害などの依存症の場合、

病院は

心療内科か精神科

となるようです。

 

全国でネット依存症を

扱っている病院も増えています。

 

ネットとゲームは別物なんですが、

ネット依存症=ゲーム依存症も含めて

という感じみたいですね。

 

ここでもいくつか病院のリストを載せておきますね。

 

東北会病院(宮城県仙台市青葉区)

http://www.tohokukai.com/

 

ゆうメンタルクリニック(東京都上野・池袋・渋谷・新宿・秋葉原)

https://yucl.net/all

 

成城墨岡クリニック(東京都世田谷区)

http://www.sumiokaclinic.com/

 

大石クリニック(神奈川県横浜市)

http://www.ohishi-clinic.or.jp/net_about.html

 

久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)

http://www.kurihama-med.jp/tiar/

 

マリアの丘クリニック(静岡県静岡市)

http://www.maria-hill.jp/

 

大阪市立大学医学部附属病院(大阪・阿倍野区)

http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/

 

汐のぞみ病院(大阪府富田林市)

http://yuinozomi-hospital.jp/

 

村上医院(兵庫県神戸市灘区)

http://murakami-iin.com/

 

ゆう心のクリニック(三重県津市)

http://mental-patho.com/

 

こころころころクリニック(福岡県糟屋郡)

http://ww7.enjoy.ne.jp/~h5656/

 

のぞえ総合心療病院(福岡県久留米市)

http://nozoe-hp.jp/index.html

 

もちろん、

ここには載っていない病院でも

ゲーム障害(依存症)を

扱ってくれるところがありますので、

 

心療内科や精神科のある近隣の病院に

一度問い合わせてみるのもいいと思います。

ゲーム障害の治療方法は?

基本的には

  • カウンセリング
  • 生活リズムの改善

などを中心に行っていくようです。

 

また、

ゲーム時間は減らすよりも、

完全にゲームを断つ方が成功しやすく、

強引なやり方は

逆効果になることが多いんだとか。

 

まずはとにかく外に出て

別のやりがいを見つけることが

重要なのではないでしょうか。

まとめ

  • ゲーム依存症がゲーム障害としてWHOに認定された
  • 起きてる時間と思考のほとんど全てをゲームに費やしている状態
  • 精神が不安定になったり学業や仕事がおぼつかなくなる
  • 「このままで大丈夫なんだろうか?」と不安になる瞬間があれば黄色信号
  • 病院は心療内科もしくは精神科
  • カウンセリングや生活リズムの改善を行っていく

 

e-スポーツの熱が日本でも高まる一方、

深刻化するゲーム障害の問題。

 

もちろん、依存症になるものなんて

酒、ギャンブルなどいくらでもありますし、

ゲームだけが悪いわけではないですが、

 

いつの間にかゲームの方に

コントロールされてないか?

意識していきたいですね。

 

また、

どうしてもゲームをやめられないなら、

ゲームで生活できる道を

本気で探るのも一つの手

かもしれません。

 

今はゲーム実況や攻略ブログとかで

お金を稼いでる人もいますし。

 

依存症になるくらいのゲーム好きならば

成功できるかもしれません。

(自己責任でお願いしますね)

 

ただ、視力と健康だけには注意して、

体を大切にしていきましょう!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ