eスポーツ獲得賞金プロゲーマー世界ランキング最新版!TOP5をまとめてみた

  • LINEで送る

e-sports

世界にはeスポーツの獲得賞金で億という巨額を稼ぎ出しているプロゲーマーがいます。

日本では2010年に『ストリートファイター』シリーズのプレイヤーとして有名な、

梅原大吾選手がプロゲーマーになったことから、その知名度を上げてきました。

 

ゲーム大国の日本ではありますが、eスポーツにおいてはまだまだ海外が先行している現状があります。

では、eスポーツで最も賞金を稼いでいるのはどんな人達なのでしょうか?

今回は世界のeスポーツ賞金獲得ランキングをTOP5にしてまとめてみました!

(2019年時点のデータです)

第5位『Dota 2』MATUMBAMAN選手

MATUMBAMAN プロゲーマー esports

本名:ラッセ・ウルパライネン

誕生:1995年3月3日(24歳)

国籍:フィンランド

賞金:$3,540,616(約3億8千4百万円)

 

第4位『Dota 2』MinD_ContRoL選手

MinD_ContRoL プロゲーマー esports

本名:イワン・*Borislavov・イワノフ

誕生:1995年1月20日(24歳)

国籍:ブルガリア

賞金:$3,556,911(約3億8千6百万円)

第3位『Dota 2』N0tail選手

N0tail プロゲーマー esports

本名:ヨハン・*Sundstein

誕生:1993年10月8日(25歳)

国籍:デンマーク

賞金:$3,765,555(約4億8百万円)

 

第2位『Dota 2』Miracle-選手

Miracle- プロゲーマー esports

本名:アメル・アル・バルカウィ

誕生:1997年6月20日(21歳)

国籍:ヨルダン

賞金:$3,765,837(約4億8百万円)

第1位『Dota 2』KuroKy選手

KuroKy プロゲーマー esports

本名:クロ・サレヒ・タカミソ

誕生:1992年10月28日(26歳)

国籍:ドイツ

賞金:$4,201,426(約4億5千6百万円)

参照:https://www.esportsearnings.com/players

まとめ

ということで、2019年現在の賞金王はKuroKy選手で、

その賞金額は4億5千万円にまで達していました!

桁違いですね…。

 

更にTOP5全員がチームストラテジーゲーム『Dota2』のプレイヤーという結果に。

日本ではマイナーなタイトルではありますが、

eスポーツを牽引するゲームということが分かりました!

こちらのeスポーツ記事もオススメです!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ