服部桜太志(89連敗相撲力士)の経歴や成績や本名は?敗退行為の理由や勝利した取り組みを動画で!

  • LINEで送る

相撲 力士

89連敗という

未曾有の連敗記録を更新中だった

服部桜太志力士

ついに悲願の2勝目をあげました!

「そもそもなんでそんなに弱いのよ?」

とか、色々気になりますよね。

 

そんな服部桜力士について今回は、

  • 服部桜太志のプロフィールと本名
  • 出身高校や大学
  • 経歴と相撲成績
  • 過去に行った敗退行為の理由は?
  • 勝利した取り組みを動画で!

などをまとめました!

服部桜太志のプロフィールと本名

名前:服部桜太志(はっとりざくら ふとし)

本名:服部祥多(はっとり しょうた)

愛称:平成の大序ノ口、午前8時半の男

生年月日:1998年7月16日

年齢:19歳(2018年7月10日時点)

出身地:神奈川県茅ヶ崎市

身長:176cm

体重:80.3kg

所属部屋:式秀部屋

 

力士名が

「ふとし」なのに

体がめちゃめちゃ細い…。

 

これは親方から、

「身体も精神も図太くなってほしい」

という願いで名付けてもらったそうです。

出身高校や大学

地元の茅ヶ崎市立梅田小学校、

茅ヶ崎市立梅田中学校を卒業している

服部桜力士。

 

小学校時代に

テレビで幕下力士たちの取組を見て

相撲に興味を持ったようですが、

 

中学時代は陸上部で

長距離走に励んでいたそうです。

 

中学を卒業後は高校には進学せず、

独自の筋トレを研究して

陸上に専念する生活を送っていました。

 

そんな中、

相撲の四股と摺り足が

陸上競技の筋肉を鍛えるのに

最適と気づいた服部桜力士。

 

元大相撲力士の北桜と

写真を撮ってもらったことで

相撲に好印象を持っていたこともあり、

 

なんと、

相撲部屋に入門を決意!

 

志願したのはもちろん、

北桜が継承して師匠を務める式秀部屋

 

親方は細い体格を見て、

力士よりも行司か床山をやることを

勧めたものの、

「力士をやりたい」と譲らず。

 

身長は同期の誰よりも高かったのですが、

体重は足りず、

1リットルの水をがぶ飲みして

新弟子検査を通過。

 

家族にも入門することをなかなか言い出せず、

一度は家に帰されたりもしたものの、

なんとか入門を果たし、

 

2015年9月場所で初土俵を踏みました。

経歴と相撲成績

入門後は同期である

他3名の新弟子全員と対戦。

 

5日目の3戦目にあたった

武蔵川部屋の葉梨戦で

立合い直後にわざとに見える

尻もちついてしてしまい、

敗北を喫しています。

 

2015年11月場所で

初めて番付に四股名が記されたものの、

全く勝てない状況が続き、22連敗。

 

23戦目、澤ノ富士との取り組みで

ようやく初めての勝利をあげています。

 

1勝目に至るまでも、

かなり連敗していたんですね〜。

 

しかし、その後も全く勝てず…。

 

2016年9月場所、

錦城との取り組みでは自ら負けを選ぶ

敗退行為と思われることをしてしまい、

物議をかもしました。

 

その後も、

負け取り組みの終わらない連鎖。

転げ落ちていくだけの坂道。

 

気づけば、

89連敗

という途方も無い、

史上1位の連敗記録を打ち立ててしまいました。

 

そして2018年7月10日、

2016年夏場所以来、

実に783日ぶりとなる勝利を

颯雅(二子山部屋)からもぎ取り、

記念すべき2勝目をあげています。

過去に行った敗退行為の理由は?

2016年9月場所、3日目の2番相撲

錦城(九重部屋)との取り組みで

それは起きました。

 

服部桜力士は最初の立ち合い、

相手が何もしていなのに

土俵に手をついてしまう

「つき手」をしてしまい、

取り組みのやり直しを命じられました。

 

さらに、2回目の立ち合いでは

またまた相手が何もしていないのに

ヘッドスライディングのように

腹ばいで転倒。

再度やり直しに。

 

さらにさらに、3回目の立ち合いでは

またもや相手が何かする前に

尻もちをついて転倒。

またやり直し…。

 

そしてようやく成立した

4回目の立ち合いでは

へっぴり腰で摑み合い、

ほぼ無抵抗のまま引き落としで敗北。

 

これらがわざと行った

敗退行為ではないかと

相撲愛好家やメディアから非難が集中。

 

このような勘違いされる行為に及んだ

理由についてですが、

 

稽古で首を痛めていて、

体格がデカい相手に対し、

真正面からぶつかることに

恐怖を感じていたそうです。

 

服部桜力士はこの時の取り組みについて、

「こないだの相撲は、ちょっと怖かった。

負けても仕方ないなと…」

 

「もう前の相撲は忘れて、今日から新たに頑張りたい。

親方との約束なんで、もうああいうことはしない。

あの相撲は僕が悪かった。相手にも悪いことをした」

と切り替える発言を残しています。

 

一時は引退も考えるほどの

状態だったようですが、

 

「今逃げると負け犬になるぞ」

という親方からの鼓舞もあって、

力士を続けていく決意を新たにしました。

勝利した取り組みを動画で!

長すぎる89連敗を経て、

2勝目をあげた服部桜力士。

 

そう、すでに1勝目はあげていたんですよね。

 

その取り組みの動画がこちらです!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29661442

なんだかちょっとゆる〜い勝負です。

 

そしてこちらが89連敗抜けの2勝目の動画!

1勝目の時より、

力士らしい雰囲気が備わってきてます!

 

相変わらず細めの体型なんですが、

以前よりは少しがっしりしている気がします。

まとめ

  • 史上ワースト1位89連敗の記録を持つ力士:服部桜太志
  • 念願の2勝目をあげ、長すぎた連敗をストップ
  • 高校には進学していない。学生時代は陸上をしていた
  • デビュー後22連敗の後、1勝目。その後89連敗の後、2勝目
  • デカい相手と怪我をしている状態で立ち会うのが怖くて敗退行為をしてしまったことがある

 

諦めずに戦い続けてきた

果てし無い89連敗からの1勝。

 

どんなに敗れても

ひたむきに挑戦し続ける

服部桜力士の勇姿には

見ている側まで勇気づけられますね!

 

相撲界に思わぬ大スターの誕生かも!?

 

取り組みの方もこのまま1つずつ

勝利をもぎ取っていってほしいです!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ