井上広輝(日大三)の変化球の球種や最高球速を調査!出身中学や優秀な兄も気になる!

  • LINEで送る

井上広輝 日大三 高校野球

井上広輝(いのうえ ひろき)

という高校球児を知っていますか?

今、高校球界で注目のピッチャーの1人なのですが、

球速が早く、あらゆる変化球を駆使する、

名門校日大三の注目投手です!

 

高校1年夏にはベンチ入りし、

西大会4回戦には2番手で登板。

監督からも評価される、

本格派右腕であり、

今後も目が離せない大注目の投手です!

 

「そんな井上広輝投手のことが色々気になる!」

ということで今回は、

  • 井上広輝のプロフィール
  • 井上広輝の出身中学
  • 井上広輝の変化球の球種
  • 井上広輝の最高球速は何キロ?
  • 井上広輝の兄:井上大成もスゴイ!
  • 井上広輝はドラフト指名される?

など、調査してまとめてみました。

井上広輝のプロフィール

名前:井上広輝(いのうえ ひろき)

身長・体重:180cm/73kg

利き手:右投げ右打ち

ポジション:投手

高校:日本大学第三高校

出身地:神奈川県厚木市出身

 

180cm73Kgと1年生にしてしっかりした体格から、

剛速球を投げ込む右ピッチャーです

 

中学時代は、中学校の野球部には所属せず、

海老名南シニア

(海老名市の協会に属する硬式野球チーム)

に所属し、その時に投手を始めました。

 

日大三に入ってからは、

1年の夏から背番号20でベンチ入り!

 

秋には背番号11を背負い、

3番手として登板した神宮初戦・航空石川戦で

6回8奪三振、被安打5、自責点0という力投!

 

公式戦初先発の2回戦・修徳戦では、

7回コールド7安打3失点で完封勝ち。

7年ぶり13度目の東京大会優勝に貢献しました!

 

全6試合で23イニングと1/3を投げて、

22奪三振9失点というなかなかの

成績を残していますね。

 

1年生ながら、落ち着いた好投ぶりに、

早くも注目される存在になりました!

 

井上広輝の出身中学

井上広輝選手の出身中学は、

神奈川県の南毛利中学です。

 

中学校の野球部には所属せず、

まだできてまもない神奈川県の硬式野球チーム、

海老名南シニアに所属しました。

 

所属している選手たちの進路は日大三をはじめ、

桐蔭学園、花咲徳栄などの

野球部強豪校への進学も多くいるチームでした。

 

井上広輝の変化球の球種!

井上広輝の持ち球は、

スライダー、チェンジアップ、シンカーです。

 

中学時代からスライダー、

チェンジアップは投げていましたが、

シンカーは日大三の卒業生で

エース・吉永健太朗に憧れ、モデルにしていました。

 

最速145km/hのストレートは伸びもよく、縦横スライダーはキレがあり、

決め球としても充分使える変化球です。

 

井上広輝の最高球速は何キロ?

現在の高校1年生で、

すでに最高球速は145㎞/hです!

ストレートの力強さや

タイミングを外す110キロ台のチェンジアップ。

 

あらゆる球種を駆使する投手です。

まだまだ伸びしろを感じますし、

150キロを記録する日も遠くないと思います!

 

井上広輝の兄:井上大成もスゴイ!

井上広輝と同じ日大三出身で、

今は青山学院大学に在籍している井上大成。

 

井上大成は、日大三時代、

弟と同じく1年生でベンチ入りし、

2017年9月には侍ジャパンU18

日本代表選出されるほどの腕前です!

 

弟の広輝選手は、その兄に憧れ、

常に目標にしてきました。

今後もこの最強兄弟から目が離せません!

 

井上広輝はドラフト指名される?

まだ1年生ではありますが、

兄や吉永選手にも負けない存在感!

これからの成長次第で、

今後結果を残していけば、

指名される可能性も充分にありそうです!

まとめ

  • 日大三の将来有望な投手
  • 1年夏からベンチ入りで、秋には東京大会優勝へ貢献
  • 神奈川県出身で、中学時代は海老名南シニアへ所属
  • MAX145キロのストレートと、変化球はスライダー、チェンジアップ、シンカー
  •  兄・大成は侍ジャパンU18日本代表

 

まだ成長途中の井上広輝投手ですが、

是非プロでも見てみたいです!

兄の大成選手や日大三卒業生の

吉永健太朗選手を超えるのか!!

 

井上広輝選手の

今後の活躍が楽しみです!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ