仁多見史隆(新潟県ボクシング連盟副理事長)の経歴や学歴や出身大学は?現役時代の成績もスゴい!

  • LINEで送る

日本ボクシング連盟の山根明会長、

大炎上中ですね〜。

そんな山根明会長を表に立って告発し、

テレビのインタビューにも積極的に

答えているのが

仁多見史隆さんです。

 

新潟県ボクシング連盟の副理事長でも

ある方なのですが、

一体どんな人物なのでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 仁多見史隆(新潟県ボクシング連盟副理事長)のプロフィール
  • 仁多見史隆の学歴・出身高校や大学
  • 仁多見史隆の経歴
  • 現役時代の成績がスゴい!

などをまとめました!

仁多見史隆(新潟県ボクシング連盟副理事長)のプロフィール

仁多見史隆 ボクシング

(画像引用元:https://www.niigata-sports.net/sp/talk/06/1.php)

名前:仁多見史隆(にたみふみたか)

生年月日:1974年12月27日

年齢:43歳(2018年8月時点)

出身地:新潟県新潟市

身長:173cm

体重:65kg

仁多見史隆の学歴・出身高校や大学

仁多見史隆さんは地元新潟の

興農館高等学校

を卒業されているようです。

(2002年に廃校となっています。)

 

大学は

東京農業大学

を卒業されています。

仁多見史隆の経歴

高校、大学時代、

アマチュアでボクシングをしていた

仁多見史隆さん。

 

大学卒業後、

財団法人新潟市開発公社に就職。

 

ボクシング選手としての道は

1998年に引退。

 

1999年からは

新潟県の国体少年男子監督を務め、

 

2012年からは、

  • 新潟県ボクシング連盟副理事長
  • 日本オリンピック委員会 (JOC) 強化スタッフ

などを務められています。

 

地元新潟で長きに渡って

ボクシングの後進指導に

尽力されているんですね〜。

現役時代の成績がスゴい!

仁多見史隆さんは現役時代、

メチャクチャ強い選手でした!

 

高校生時代

1992年、

  • インターハイ
  • 全国高校選抜
  • べにばな国体少年の部

いずれもライトウェルター級で優勝

 

大学生時代

  • 1993年〜1996年の4年間で1部リーグ戦全試合出場・全試合勝利を達成
  • 1994年、わかしゃち国体成年の部ライトウェルター級で優勝
  • 1994年〜1996年、全日本選手権ライトウェルター級3大会連続優勝
  • 1996年、第3次アジア予選ライトウェルター級優勝
  • アトランタオリンピック日本代表に選出

 

社会人

大学卒業後の1997年、

なみはや国体成年の部ウェルター級で優勝

 

現役時代に獲得したタイトル

  • 第46回インターハイライトウェルター級優勝
  • 第3回全国高校選抜ライトウェルター級優勝
  • 第47回国体少年の部ライトウェルター級優勝
  • 第64回全日本選手権ライトウェルター級優勝
  • 第49回国体成年の部ライトウェルター級優勝
  • 第50回国体成年の部ライトウェルター級優勝
  • 第65回全日本選手権ライトウェルター級優勝
  • 第51回国体成年の部ライトウェルター級優勝
  • アジア選手権(メイヤーズカップ)銅メダル
  • アジア選手権(キングスカップ)金メダル
  • 第66回全日本選手権ライトウェルター級優勝
  • 第52回国体成年の部ウェルター級優勝

引用元:wikipedia

 

  • 国内55連勝
  • 関東大学リーグ4年間無敗
  • 通算成績:151戦141勝10敗

ホント無敵レベルというか…

メチャクチャ強い!

 

これだけ強かったなら

プロでの活躍も見てみたかったですね〜。

まとめ

  • 山根明会長の告発者の一人、仁多見史隆さん
  • 新潟県ボクシング連盟副理事長
  • 興農館高等学校→東京農業大学
  • アマチュアボクシングの選手でもあった
  • 国内55連勝、関東大学リーグ4年間無敗、151戦141勝10敗

 

次世代のボクサーの育成に尽力していて、

悪しき慣習の告発者にもなってくれた

仁多見史隆さん。

 

これからも仁多見史隆さんを

応援していきたいですね!

山根明(ボクシング連盟会長)の経歴や学歴や日大との関係は?息子や娘や孫についても調査!

 

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ