北条裕子(芥川賞候補作家)の経歴は元モデル?パクリ盗作(コピペ)疑惑が出ている文章も比較!

  • LINEで送る

被災地 地震 災害

デビュー作で芥川賞候補作を生み出し、

注目されるはずだった

新人作家の北条裕子さん。

その作品「美しい顔」に他作品からの

盗用(パクリ)があるのではないか

大きな騒ぎになっていますね!

 

  • そもそも北条裕子さんとはどんな人物?
  • パクリ盗作(コピペ)疑惑が出ている文章との比較は?

などが気になる!

 

ということで今回は、

  • 北条裕子のプロフィールと顔画像
  • 北条裕子の学歴や経歴は?元モデルって本当!?
  • 「美しい顔」のパクリ盗作疑惑箇所と元ネタ文章を比較まとめ!
  • 北条裕子に彼氏や夫、子供はいる?

などをまとめました!

北条裕子のプロフィールと顔画像

名前:北条裕子(ほうじょうゆうこ)

生年月日:1985年10月4日

年齢:32歳(2018年7月時点)

出身地:山梨県中巨摩郡白根町(現・南アルプス市)

学歴:青山学院大学経済学部第二部卒業

デビュー作:美しい顔(2018年)

 

「美しい顔」というデビュー作どおりの

美人な方ですね。

 

詳しい経歴も見ていきましょう。

北条裕子の学歴や経歴は?元モデルって本当!?

大学は

青山学院大学経済学部第二部を卒業

している北条裕子さん。

 

第二部というのは

夜間の部ってことですね。

 

作家としてデビューされましたが、

大学は文学部ではなかったのが

少し意外です。

 

もともと文章を書くのが得意で

経済にも興味があった

という感じでしょうか。

 

そんな北条裕子さんは

2018年にデビュー作である

小説「美しい顔」で講談社の

第61回群像新人文学賞を受賞

 

第159回芥川龍之介賞の

候補にも選ばれています。

 

北条裕子さんの詳しい経歴については

明かされていないことが多いのですが、

元モデルなのではないか

との噂が出ています。

 

その理由がこちらの写真達ですね。

北条裕子モデル写真

インスタみたいなものでしょうか?

 

北条裕子 model (@hojoyuko)

というアカウント名で

数々の写真がアップされています。

 

そのどれもが本人そっくりというか、

本人そのものとしか

思えない感じなんですよね〜。

 

このことから作家になる前は

モデルとして活動されていた

という噂が囁かれているわけです。

「美しい顔」の盗作パクリ疑惑箇所と元ネタ文章を比較まとめ!

デビュー作となった「美しい顔」

 

東日本大震災で被災し、

母親が行方不明になった女子高生が

弟との避難所生活で感じた心情と

被災地のリアルな描写で

高い評価を受けている作品です。

 

しかし、

この「美しい顔」が

先に世に出ている他作品と似ている、

盗用(パクリ)ではないかとの疑惑で

大炎上!

 

似ていると指摘された作品は以下の通り

  • 石井光太著『遺体: 震災、津波の果てに』(新潮社)
  • 池上正樹著『ふたたび、ここから 東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)
  • 丹羽美之、藤田真文共編『メディアが震えた テレビ・ラジオと東日本大震災』(東京大学出版会)
  • 金菱清編『3.11 慟哭の記録―71人が体感した大津波・原発・巨大地震』(新曜社)
  • 森健編『つなみ 被災地のこども80人の作文集』(文芸春秋社)

引用元:wikipedia

特に、石井光太さんの

『遺体: 震災、津波の果てに』

と似ている文章が多いようです。

 

実際に比較されたものを

ご紹介します。

比較検証1

■美しい顔 (パクリ先)
それぞれのリストには番号がつけらえていて、その横に名前、身長、体重、所持品、手術跡と言ったことが書いてある。今現在でわかっている限りの情報だという。

■遺体 (パクられ元)
髪にはそれぞれの遺体につけられた番号が記されており、その横に名前、性別、身長、体重、所持品、手術跡などわかっている限りの情報が書かれているのだ。

 

比較検証2

□美しい顔 (パクリ先)
「あとで実際に目で見て確認していただきますから」
壁の遺体リストに記載されている特徴にはかなりの違いがあった。すでに身元が特定され住所や勤め先の会社名まで記してある番号もあれば、
〈性別不明〉〈所持品、衣服なし〉としか情報が載っていないものもある。〈年齢三十歳~六十歳〉とものすごい幅のあるものもある。

□遺体 (パクられ元)
「今日までに見つかっている遺体はこれがすべてです。ご家族と思われる特徴のある方がいれば何体でもいいので番号を控えて教えてください。実際に目で見て確認していただきます」
家族たちが食い入るように見つめる。死亡者リストに記載されている特徴にはかなりの違いがあった。すでに名前や住所まで明らかになっているものもあれば、
波の勢いにもまれて傷んでしまっているために「年齢二十歳~四十歳」「性別不明」「衣服なし」としか情報が載っていないものもある。

 

比較検証3

■美しい顔 (パクリ先)
隙間なく敷かれたブルーシートには百体くらいはあるだろう遺体が整列していて私たちはその隙間を歩いた。すべてが大きなミノ虫みたいになってごろごろしているのだけれどもすべてがピタっと静止して一列にきれいに並んでる。

■遺体 (パクられ元)
床に敷かれたブルーシートには、二十体以上の遺体が蓑虫のように毛布にくるまれ一列に並んでいた。

 

比較検証4

□美しい顔 (パクリ先)
大きなビニール袋をかかえてすれ違う警察官からうっすらと潮と下水のまじった悪臭が流れてくる。

□遺体 (パクられ元)
遺体から零れ落ちた砂が足元に散乱して、うっすらと潮と下水のまじった悪臭が漂う。

 

比較検証5

■美しい顔 (パクリ先)
その中心にいる白衣の医師は県警からの特別な検視官だろうと思っていたのによく見れば幼少時代から世話になっている顔なじみの町医者であった。

■遺体 (パクられ元)
よく見ると、その医師は県家から送還された専門医ではなく、近所で古くから開業している医院の院長だった。

 

比較検証6

□美しい顔 (パクリ先)
あちらこちらで毛布の端や納体袋のチャックから、ねじれたいくつかの手足が突き出していた。

□遺体 (パクられ元)
毛布の端や、納体袋のチャックからねじれたいくつかの手足が突き出している。

引用元:http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51956908.html

 

こうやって見てみると確かに似ていますね…。

 

元の文章から微妙に言い回しを変えたり

言葉を足してる印象を受けますが、

ほとんど文章そのまんまコピペ

という感じではないんですね。

「美しい顔」のパクリ盗作疑惑の真相は?

今回の疑惑について

講談社側は参考文献を明記せずに

文芸誌「群像」に載せてしまったとして

謝罪をしています。

 

つまり、盗作やパクリやコピペではなく、

あくまで『遺体: 震災、津波の果てに』などを

参考文献として用いた

という理屈みたいです。

 

一方、『遺体: 震災、津波の果てに』の

出版社である新潮社は、

「単に参考文献として記載して解決する問題ではない」

引用元:産経新聞

として抗議しています。

 

新潮社としては、

「参考文献書き忘れた!」

なんて理屈で言い逃れできると思ってるのか!

とお怒りなわけですね。

 

それに、

北条裕子さん自身は

被災地に行ったことも

被災したこともない

とご本人が明言してますので…。

 

美人な北条裕子さんを

新進気鋭の新人作家として

売り出そうという意図が

あったのかもしれません。

北条裕子に彼氏や夫、子供はいる?

アラサーで美人な北条裕子さん。

結婚していてもおかしくない印象を受けますが、

 

彼氏や夫、子供の情報は

今のところありませんでした。

 

これからさらに有名になりそうなので

そのあたりの情報も

出てきそうな気がします。

まとめ

  • 芥川賞候補に上がっている「美しい顔」の作者:北条裕子さん
  • 青山学院大学経済学部第二部を卒業している
  • 講談社第61回群像新人文学賞を受賞
  • 元モデルとの噂も!?写真は本人としか思えないほど
  • 「美しい顔」は石井光太著『遺体: 震災、津波の果てに』(新潮社)に似ている描写が多い
  • 講談社「参考文献の記載を書き忘れた」新潮社「その程度で済む問題じゃない」
  • 北条裕子さん自身は被災地に足を踏み入れたことはない
  • 彼氏、夫、子供いずれの情報も出ていない

 

まあ〜、確かに似ている印象は受けましたが

実際のところはどうなんでしょうね。

 

この世の作品ほとんどが

完全なゼロから生み出されたものではなく、

何かの影響を受けたものを

昇華している感じですからね。

 

ただ、今回の「美しい顔」で言うと、

被災地が受けた被害の生々しい描写や

登場人物のリアルな心境が

評価された作品なのですが、

 

それが実際に

自分で見て、聞いて、

感じたことじゃない

っていうのが残念な点ではありますよね。

 

そんなこんなで「美しい顔」

芥川賞が取れるのかどうかも

引き続き注目していきたいですね!

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ