【大コケ】エマ・ワトソン最新作「コロニア」興行収入6140円(初週)なぜなのか?

  • LINEで送る

コロニア エマ・ワトソン ポスター

大ヒットシリーズ「ハリーポッター」の

「ハーマイオニー」役として知られている、

イギリスの女優「エマ・ワトソン」の最新作

「コロニア」が2016年7月1日に公開。

満員御礼!大きな反響を呼んでいると思いきや…

 

まさかの大コケw

公開週の興行収入は

わずか47ポンド。

日本円で6,140円という散々な結果に。

 

今回はエマ・ワトソンを起用しながらも

コケてしまった「コロニア」について、

  • 「コロニア」ってどんな作品?
  • なぜここまで大コケしたのか
  • 「コロニア」日本での公開はいつ?

 

などを中心にまとめてみました!

Sponsored Link

「コロニア」ってどんな作品?

「Quiero ser(原題)」で

アカデミー賞短編映画賞を受賞した

ドイツ人監督フロリアン・ガレンベルガーがメガホンをとり、

1973年にチリの独裁政権下で起こった実話を映画化。

 

チリの軍事クーデターに巻き込まれたレナ(ワトソン)の恋人

ダニエル(ダニエル・ブリュール)は、

慈善団体と称する秘密警察の拷問施設

“コロニア・ディグニダ”に送られてしまう。

レナは、恋人を助けるため

たったひとりでコロニアに潜入することを決意する。

 

史実に基づいて製作された今作では、

コロニアの教皇シェーファーの暴力や、

施設内で暮らす人々に課せられた

重労働を描くシーンの撮影が過酷を極めたといい、

ワトソンは「泥だらけ、傷だらけで、びしょ濡れになるなんて、

脚本だけではわからなかった(笑)」と本音を吐露。

 

それでも「精神的に大変だったけど、やりがいがありました」と

充実感をにじませている。

引用元:映画.com

 

ポスターや予告映像を見ても分かりますが、

かなりエマ・ワトソンを前面に押し出した

作品になっています。

 

エマ・ワトソンの人気ぶりが

窺(うかが)い知れますね。

 

なのに、なぜ大コケしてしまったのか…。

Sponsored Link

「コロニア」なぜここまで大コケしたのか

①.公開された劇場はわずか5カ所

2016年7月1日公開時の劇場はわずか5カ所でした。

いずれもイギリスの映画館です。

 

公開週の結果については、

3カ所しか報告がなかったそうで、

実際にはもう少し多く動員しているかもしれません。

 

それに前評判もあまり良くなかったとのことですが、

それでも興行収入6,140円は低すぎる。

 

観客動員数で計算すると、

わずか7人だそうですwww

関係者しか見てないんじゃないの?

 

②.そもそも映画館での公開に本気出してない

配給元曰(いわ)く、

「映画館での上映はオンラインの

ストリーミングサービスでの配信の

プロモーションとして行っていただけ」

 

要するに、

「映画館での上映よりも

オンライン配信の方を

メインに考えてるんだからね!」

という少し苦しい言い訳。

 

オンライン配信の方は

どれくらいの反響があったのか?

 

軽く調べてみたけど面倒くさくて分からなかった。

知ってる人いたら教えてください^^;

 

「コロニア」日本での公開はいつ?

日本での公開は2016年9月17日から。

東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、

角川シネマ新宿ほか全国で公開予定です。

 

  • 日本での注目度・観客動員数はどれほどになるのか?
  • 金曜ロードショーで放映される日は来るのか?w

日本での結果はどうなるか?

気になるところですね。

 

エマ・ワトソン最新作「コロニア」まとめ

  • 秘密警察で拷問されている恋人を助けるため、エマ・ワトソンが頑張っちゃう
  • 1973年のチリで起こった実話を基にしたストーリー
  • 公開週の興行収入は47ポンド(日本円で6,140円)
  • オンライン配信メインなので、映画館での公開に本気出してなかった
  • 日本での劇場公開は2016年9月17日

予告編を見ると、

エマ・ワトソンのキスシーンや

ベッドでイチャコラしてるムフフなシーンも。

 

なんかあざとい感じに思えますが、

「それ目当てで映画を見る」って人も多そうですね。



エマ・ワトソン ポスター 42x30cm エマ・ワトソン ハーマイオニー Harry Potter Hermione Emma Watson [並行輸入品]

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ