プッシーライオットがW杯決勝に乱入した動画と抗議理由は?メンバーの顔画像と楽曲も気になる!

  • LINEで送る

音楽 ライブ

ロシアW杯決勝戦、

フランス対クロアチアは

見事にフランスが勝利し、

優勝を決めましたね!

そんな大事な決勝戦で

乱入騒ぎを起こしたグループが…。

 

その名も

「プッシー・ライオット」

ロシアのフェミニスト

パンクロックグループです。

 

今回はこのプッシー・ライオットについて、

  • プッシー・ライオットのプロフィールとメンバー顔画像
  • W杯決勝乱入動画
  • 乱入した理由
  • プッシー・ライオットの楽曲動画

などをまとめました!

プッシー・ライオットのプロフィールとメンバー顔画像

グループ名:プッシー・ライオット(Pussy Riot)

出身地:ロシア・モスクワ

ジャンル:パンク・ロック、ライオット・ガール

活動期間:2011年〜

 

ロシアで活動しているフェミニスト系の

パンクロック集団です。

 

  • プッシー=子猫もしくは女性器
  • ライオット=叛乱

という意味です。

 

バンド名もバリバリのフェミニストですね。

 

暑い日も、寒い日も、

ライブ中も、インタビュー中も、

常にカラフルな衣装と目出し帽で顔を隠し、

偽名を使うようです。

 

メンバーの人数は10人ほどなのですが、

それとは別に技術班やネット班などの裏方が

15人ほどいます。

 

見た目通りの過激なグループで、

モスクワの地下鉄や赤の広場で

許可を取らずに即興演奏。

 

さらには2012年3月、

モスクワの救世主ハリストス大聖堂で

これまた許可を取らずに即興演奏して

メンバー3人が逮捕されました。

 

これは当時、

プーチン大統領が再選したことを受けて、

聖母マリアに「プーチンを辞めさせて」

と訴えた演奏だったようです。

 

ようするにプーチン政権を

真っ向から非難している

グループってことですね。

プッシー・ライオットのW杯決勝乱入動画

2−1でフランスが

クロアチアからリードしていた

ロシアW杯決勝の後半7分。

 

突然、警察官の格好をした

女性3人と男性1人がピッチに侵入!

 

走り回ったり、

選手らとタッチしたりしましたが、

すぐに取り押さえられ、

コートから出されました。

ハーフタイムとかならまだしも、

普通に試合中に乱入は絶対イカんでしょ…。

プッシー・ライオットがW杯決勝に乱入した理由は?

よりによってなんでW杯決勝で乱入を?

と、気になっていたのですが

 

どうやら、

  • 政治犯の釈放の要求
  • 集会などでの不当逮捕
  • 事件のでっち上げ

などを訴えるためだったようです。

 

救世主ハリストス大聖堂での

逮捕の件でしょうね。

 

  • 拘束中の虐待
  • 短い弁論準備期間
  • 最長7年の刑

など、不当な扱いを受けたとして

プッシー・ライオットは猛抗議。

 

ロシア国内や

有名アーティストたちの中にも

「やりすぎだ」として、

彼女たちを応援する声も多く上がっています。

 

プッシー・ライオットの面々は

危険思想人物としてロシア政府に

目をつけられていそうですね。

 

そして、

ロシアW杯の決勝は、

プーチン大統領も観戦していました。

 

プッシー・ライオットにとっては、

全世界が見ている絶好の機会だったのでしょう。

プッシー・ライオットのMV

パンクロックグループの

プッシー・ライオット

 

一体、どんな楽曲を歌っているのかも

チェックしてみましょう。

曲も映像もかなり激しい!

 

冒頭のメッセージでは

モスクワの救世主ハリストス大聖堂で

逮捕された3人のことが語られているので、

 

その怒りと抗議の意味も

込められているんでしょうね。

まとめ

  • ロシアW杯決勝に乱入したプッシー・ライオット
  • ロシアのフェミニストパンクロックグループ
  • 反プーチンを掲げている
  • 政治犯の釈放などを訴えるため乱入
  • 2012年にはモスクワの救世主ハリストス大聖堂でメンバー3人が逮捕された

完全にロシア政府に

目をつけられてる感じですね〜。

 

それにしても、

もっと別のやり方はなかったものか…。

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ