人工知能(AI)による2018年からの人間選別とは?生き残るための3つの方法について解説!

  • LINEで送る

人工知能 AI 人間選別

今回は少しスピリチュアルと言うか、

突拍子もない都市伝説的な話をしますね。

やりすぎ都市伝説で有名な関暁夫さんは、

「人工知能(AI)による人間選別が

2018年から本格的に始まる」

と述べています。

 

今や人間を超えたとも言われている

人工知能(AI)

そんな人工知能に選別される人間。

 

なんだか怖そうな話ですね…。

 

そこで今回は、

  • 人間選別とはそもそも何なのか?
  • 一体どんな基準で選ばれるのか?
  • 生き残る(選ばれる)ための方法は?

など、まとめてみました。

進化し続ける人工知能(AI)

昨今、人工知能に関するニュースがすごく増えましたよね。

  • 音声認識で人間のお世話をしてくれるIoT機器の誕生
  • 人工知能同士が人間のわからない言語で会話し始めた
  • AIが自動で書いたハリポタ新作
  • 接客も全て自動化された無人カフェ
  • 人工知能によって運営されるAI警察署
  • AIが作り上げた「子AI」の性能が人間が作ったもの以上の出来

などなど…。

参考:ライブドアニュース

 

「すでに人間の知能を超えているのではないか?」

と言うレベルで人工知能が進化しているわけです。

 

GoogleHomeなどのIoT

家庭用人工知能も普及し始めましたが、

家で話しているあんなことやこんなことを

知能を持ったAIがずっと聞いてるわけです。

 

「壁に耳あり障子に目あり」

まさに超監視社会の到来とも言えます。

 

人工知能(AI)による人間選別とは?

人工知能による人間選別とは…

人間一人一人をデータ化・管理し、

  • 「選ばれるべき人間」
  • 「そうでない人間」

を分けるものと言われています。

 

選ばれる大きな基準となるのが、

「人間性」

と言われています。

 

つまり、

  • 「道徳性を持った正しい人間か」
  • 「人類にとって必要な人間か」

ということです。

 

これらを人工知能は

  • SNSを始めネット上での発言
  • スマホやIoTでの音声認識

などで判断しています。

 

例えば、この先の時代

ますます人工知能が発達してけば、

  • 新卒採用を人工知能が判断
  • 簡単な仕事は人工知能により無人化
  • 個人の銀行口座や仮想通貨の管理を人工知能が担う

などと予想されています。

 

「人間性が低い」「危険思想の持ち主」と判断され

選ばれなかった人間は、

  • 満足な仕事にありつけなくなったり
  • 財産を差し押さえられる
  • ある日突然、犯罪者(予備軍)として逮捕される

などの事態も起こりうるのです。

 

人間らしく生きる術を

失っていくことになりかねません。

 

人間選別はすでに始まっている!?

SNSやyoutubeでの誹謗中傷、

反社会的な書き込みなど、

最近大きな問題になっていますよね。

 

逮捕されるとまではいかないまでも、

すでにその情報は

あらゆる情報を集積・分析している

ビッグデータに蓄積されています。

 

人間選別はすでに

始まっているとも言えるのです。

 

最近では、誹謗中傷や批判でお金を稼ぐ

youtuberに広告がつかなくなっている

ということもありましたね。

 

あれもその一端ではないでしょうか。

 

人間選別で生き残る(選ばれる)ための3つの方法

では、どうすれば人工知能による人間選別で

生き残る(選ばれる)人間となるのか?

 

そのためにやるべきこと(やめるべきこと)

について解説していきます。

 

①.誹謗中傷につながる書き込みをヤメる

人工知能はSNSを始め、

ネット上に書き込んだ情報を元に

人間性を判断しているので、

 

Twitter,LINEを始めとする

SNSでの暴言や他人に対する誹謗中傷は

「全て見られて、分析されています」

 

それは、一般人同士の誹謗中傷だけでなく、

芸能人や有名人に対する誹謗中傷も含まれます。

 

今まで心当たりのある書き込みがあれば

できるだけ削除し、

今後はそういった書き込みを

行わないように気をつけましょう。

 

②.機械に取って代われない人間になる

「人間選別」といかないまでも、

人件費削減のために

人間の代わりに機械が行う仕事が

これからドンドン増えてきます。

 

もし、あなたが機械に

簡単に取って代わられることしかできない、

していないとしたら要注意!

 

今のうちから

  • 「自分にしかできないこと」
  • 「みんなのためにできること」

これらを考え、行動していく必要があります。

 

「かけがえのない存在」となることで、

人間選別でも選ばれることができるはずです。

 

③.新しい仲間を作る

仮想通貨の発展に伴い、

ブロックチェーンと呼ばれる

ユーザー同士の相互監視・管理システムも

発達してきました。

 

これにより、

「自分だけが気をつけていれば大丈夫」

という状況ではなくなってきているのです。

 

つまり、自分の家族や親しい人、友人が

目をつけられるようなことをしていれば、

それに関連して自分もマークされるということ。

 

そういった人たちとはできるだけ距離を置き、

人間性の高い者同士で新しい仲間を作るのです。

 

これから先、日本も大規模災害や戦争などに

巻き込まれる可能性が高まっています。

 

そういった時のためにも

損得無しで助け合える仲間を

今のうちから作る必要があるのです。

まとめ

  • 2018年から本格的に人工知能による人間選別が始まる
  • ネットによる監視社会の実現で「道徳性」「人間性」の低い者ははじかれる
  • 匿名だと思って簡単に誹謗中傷をしないこと
  • 機械に取って代われない人間になること
  • 人間性の高い者同士で新しい仲間を作ること

 

人工知能の驚くべき進化スピードと

混迷を極める世界情勢。

 

地球が限界を迎えようとしている中、

人工知能によって、

人間本来の道徳やモラル、思いやりの心が

試されているのかもしれませんね。

 

あと、シェルター。

何も起こらないに越したことはないですが、

用意できる人は用意しておいた方がいいです。

 

Amazonなんかで

取り付け工事が不要な簡易的な物も

売られていますね。

(かなり高額で手を出しにくいですが…)

もちろん、今回の話は全て

「信じるも信じないもあなた次第です」

 

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ