【九州・熊本地震】「逆に迷惑」被災地が困惑する支援物資やボランティアとは

  • LINEで送る

被災地 折り鶴

被災者・被災地を支援する際に知っておいてほしいこと

大きな爪痕を残した熊本地方を中心とした九州大地震。

今も募金活動や必要物資の寄付・現地でのボランティア活動など、多くの方達が被災地の復興支援のために動いています。

こういった行為はもちろん、素晴らしいことなのですがやり方やマナーを知っていないと逆に被災者を困惑させることも。

今回は被災地を支援する際に心がけておくべきポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

もらって迷惑な物が届いちゃう問題

東北大震災の時も同様、被災地には日本中・世界中から様々な物が支援物資として送られてきます。

命に関わる状況で必要な物資が届くというのは本当にありがたいことですが、中には逆に処理に困ってしまうものが届くことも。

 

届いて困るものの筆頭は、

①.折り鶴と寄せ書き

学校やどこかの慈善団体などが心を込めて作った大量の折り鶴や寄せ書き。

「復興への祈り」「被災者を勇気づけたい」との想いで一生懸命作ったことはもちろん素晴らしいことです。

 

でも、正直なところ水が必要・食料が必要って切迫した時に折り鶴や寄せ書きが届くと被災者の方はどう思うでしょうか?

避難所が人で溢れ返っている状況で、大量に届く折り鶴や寄せ書きを飾るスペースがあるでしょうか?

 

金銭や物資での支援ができない事情などはあると思うのですが、相手の迷惑になるものは論外だと思います。それが善意で作られた物ですので、なおさら対応に困りますよね…。

Sponsored Link

②.古着

「服などの衣類が足りてないのではないか?」との想いで被災地に大量に届く衣類。

確かにそれで寒さをしのげる人もいるかも知れません。

しかし、問題になっているのは破けた服や穴のあいたズボンなど汚れた衣類の数々。

被災地 古着

「無いよりはいいよね?」という善意から送られているのは分かるのですが…。

すぐに使えるような清潔なものはほとんどなく、結局大きな労力を使って大半を処分しなければならない現状があります。

 

こちらの体裁ではなくて、相手が本当に必要としているものを与えるということが大切です。

 

ご飯だけもらって何しに来たか分からないボランティア問題

小学校の先生から昔に聞いた話。

「先生の友人が阪神淡路大震災のボランティアのために現地へ行ったが、何していいか分からなかった。炊き出しのご飯を振る舞われたので、それだけ食べて帰ってきた。」

不足している食料をもらっちゃった時点で逆に迷惑をかけてしまったという話。

 

当時だけの話だけでなく、どんな災害の時にもこういった人達はいるらしい。

 

他にも、車でたくさんのボランティアが現地に向かい、渋滞を引き起こしたり、貴重なガソリンを現地で補給していったりするようなことも被災地に間接的に迷惑をかけてしまいます。

 

もちろん、現地までボランティアに向かう行動力は素晴らしいことです。

しかし、現地の人たちが求めていることや必要としていることなど、意思の疎通が充分に取れないと「何をやったらいいか分からない」という状況になってしまいます。

 

被災地への本当の支援とは?

本当に切迫している状況の被災地に対して、何をすれば一番の支援になるのか?何が今、必要とされているのか?

これらは被災していない側が考えても的外れになってしまうことが多々あります。

  • お金(義援金)
  • 紙おむつ
  • 粉ミルク
  • 毛布
  • 生理用品
  • ブルーシート
  • トイレットペーパー
  • 簡易トイレ
  • ウエットティッシュ
  • ティッシュ
  • タオル
  • ゴミ袋

 

被災地で必要でなおかつ不足しがちな物資はこれらですが、現地の問い合わせ先の情報を確認してから支援する方が被災地にとっては親切です。

>>熊本市コールセンター ひごまるコール よくある質問

まずは被災地のWEBページや問い合わせコールなどから、どういった支援をすべきかの情報を確認しましょう。

 

支援をするなら本当にありがたがられる物を送ったり、マナーを守ったボランティアのやり方の方が双方が気持ちよく復興に向けて動けるはず。

ちょっとした気遣いと想像力を大切にしていきましょう。


【防災グッズ】地震対策30点避難セット ~避難生活で必要な防災用品をセットした非常持出袋(防災セット)

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

One Response to “【九州・熊本地震】「逆に迷惑」被災地が困惑する支援物資やボランティアとは”

  1. 名無し より:

    拡散文書

    最近異常気象が目立ちますけど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、ありとあらゆる災いを、秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です

    本題に入りますけど、創価(なりすましのNSA)が一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます

    犯罪組織を特定して、拡散していく事で、この犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ) のNSAです

    創価が、CIA(米中央情報局、スパイ)の下部組織ってのもあって、『NSA』っていうスパイが、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    公明が与党になってから、精神科、心療内科急増、障害者手帳を持つ人急増、向精神薬の売り上げ急増。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明(なりすましのNSA )です

    多くの人を病気にしてるのに、この犯罪が世間に漏れてない理由は、遠隔から私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    NSAは自国に害をもたらすテロリストや、凶悪犯を監視して撲滅させる諜報機関なので、地球上の全ての人を管理し、不届き者を秘密裏に懲らしめる事をします

    【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します。通信機は、電源オフにしてても盗聴器になってます

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、【米国防総省】が軍事目的で開発したもので、管理運営も【国防総省】がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、【米国防総省】主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は【米国防総省】って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、NSAが軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    特に、公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    人間心理ってのは面白いもんで、自分の存在が明らかにされない場合、他人に対して冷酷なまでに大胆な振る舞いが出来ますけど、身元を特定されて犯罪手口が皆に知れ渡ると、大胆な事をすれば自分に被害が及ぶので、やりたい放題出来なくなり、犯罪の抑止効果に繋がります。なので、こいつらに火の粉を振りかけるべく、【米国防総省】の名を全面に出して広げてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ