40光年先に地球に似た7つの惑星を発見!1光年でどれくらいの距離?

  • LINEで送る

地球に似た星 7つ NASA

「40光年先に地球外生命体!?」

2017年2月22日、

NASAは地球から約40光年先に

赤色矮星(せきしょくわいせい)を周回する

地球サイズの惑星7つを発見!

 

赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する

地球サイズの惑星7つのうち

3つは表面に水が存在する可能性のある

ハビタブル惑星」であることも判明しています。

 

水が存在するということは…

生命が存在する可能性も!?

 

いやー、ロマンがありますね。

 

今回のニュースを見ていたところ、

  • 赤色矮星とは何?
  • 1光年はどれくらいの距離?
  • 宇宙人・地球外生命体は存在するのか?

などが気になったので、調べてみました!

Sponsored Link

赤色矮星とは何?

赤色矮星(せきしょくわいせい)とは、

主系列星のうち、

質量が小さく暗い赤色の光を放つ恒星

太陽より小さく、

核融合に使われる水素の量も少ないが、

エネルギー消費がおだやかであるため、

活動する期間はきわめて長い。

引用元:コトバンク

 

つまりは、小さめだけど

「太陽のような星」

という認識でいいのかな。

 

1光年はどれくらいの距離?

「40光年先」

って言われても

どれくらい遠いのか

イマイチ「ピン」ときませんよね?

 

そもそも「1光年」がどれくらい遠いのかと言うと、

  • 光の速度→秒速30万キロ(地球7周半!)
  • 光の速度で1年間進み続け到達できる距離が1光年
  • つまり、秒速30万キロ×1年間=約9兆4千600億キロ!

 

1光年でもこれだけ遠いのに…。

 

9兆4千600億キロ×40

 

完全に異次元の距離…w

 

私たちが生きている間に

到達できそうにありませんねw

 

宇宙人・地球外生命体は存在するのか?

結局、こういう話題のときに議論になるのが、

宇宙人や地球外生命体は存在するか?しないか?

ですよね。

 

私個人は、

宇宙人や地球外生命体は存在すると思います。

 

得体の知れないほど広大な宇宙で

生命体が存在するのが地球だけなんて

逆に考えにくい。

 

地球より高度な文明を持った宇宙人が

存在する可能性も充分あり得るでしょう。

 

そんな宇宙人の存在を裏付けるかのように、

地球の古代文明の壁画や中世の絵には

 

あきらかに地球人ではない生命体や

UFOなどが描かれています。

古代ではUFOや宇宙人はあたりまえのようにどこにでもいた?古代絵画・造形物に現れたUFO カラパイア

 

実ははるか昔から宇宙人と地球人は

交流があったのかもしれません。

(そして今も…?)

Sponsored Link

まとめ

  • NASAは地球から約40光年先に赤色矮星を周回する地球サイズの惑星を7つ発見
  • そのうち3つは表面に水が存在!?
  • 赤色矮星とは小さめの太陽のような星
  • 1光年=約9兆4千600億キロ!
  • 宇宙人やUFOなど古代の壁画や中世の絵にも描かれている

 

今後も調査が進めば、

もっと面白くてロマンのあるものが

発見されるかもしれませんね!


DIGNO F / DIGNO E (503KC) 京セラ 宇宙 銀河 プラネタリウム 【F】 / ハードケース スマホケース スマホカバー

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ