Amazonで詐欺ショップが急増中!?被害を防ぐ3つのポイント!

  • LINEで送る

ネットショッピングの最大手「Amazon」

「良く利用する」という方も

多いのではないでしょうか?

 

そんなAmazonで2017年4月以降、

悪質な詐欺ショップが

大量発生しているとの報告が相次ぎ、

大きな問題になっているようです。

 

手口もかなり巧妙になっているようで…。

詐欺被害にあうばかりか、

犯人に仕立てあげられることも!?

 

そこで今回は、

  • 警戒すべき3つの詐欺手法
  • 詐欺被害にあわないための3つのポイント

などをまとめてみました。

Sponsored Link

Amazonで急増中の詐欺ショップ警戒すべき3つの詐欺手法

①.入金トンズラ型

主に中国系の業者で多いのがこの手法。

 

「海外からの発送のため到着が遅くなる」

などと説明し、

Amazonからの入金が確認できたら

アカウント自体を消して逃亡。

 

発送連絡で通知される荷物の

追跡番号もデタラメな番号を使用。

 

Amazonにマケプレ保証を申請すれば、

金銭的な実害は防げる。

 

②.キャンセル返金詐欺型

商品の注文・入金から数日後に、

出品者から

「在庫切れのためキャンセルとなります」

などと連絡が入る。

 

その後、Amazonを装い、

「キャンセルのため返金されます」

とメールが送られてくる。

 

結局、返金はされず、商品も届かない。

 

返金を待っている間に、

マケプレ保証申請期間を過ぎてしまう。

 

③.罪なすりつけ型

一番恐ろしいのがこのタイプ。

 

注文があっても商品を発送せずに放置。

出品者に連絡をしてもまともに返事が来ない。

 

マケプレ保証申請をすればお金自体は返ってくる。

 

が、本当に恐ろしいのはここから。

 

購入者の個人情報(氏名、住所、TEL)を

勝手に詐欺ショップのプロフィールに使われる。

 

すると、同じように詐欺にあった人達から

怒りの電話や問い合わせが殺到…。

 

濡れ衣とは分かってもらえず、

法的な手段で訴えられることも…。

 

Amazonマーケットプレイスとは?

Amazonには

  1. Amazon自体が販売する商品
  2. Amazon以外のショップや個人が販売している商品

この2通りがあり、

 

2のAmazon以外のショップや個人が販売している売り場が

「Amazonマーケットプレイス」

と呼ばれるものです。

 

商品は新品だけでなく、

再生品、中古商品、コレクター商品などがあります。

 

覚えておいていただきたい点として、

Amazonマーケットプレイスには

2つの発送方法があり、

 

①.Amazonが在庫を持ち、Amazonから発送

販売者はAmazonではないけれど、

商品自体がAmazonの倉庫にある場合、

こちらの発送になります。

 

商品ページに、

「Amazon.co.jp」から発送します

という文言が記載してあるものです。

 

②.出品者が在庫を持ち、出品者から発送

Amazonに注文が入ると、

出品者から発送手続きを行うものです。

 

対応については出品者によってまちまちです。

 

この2つの発送形態を比べると、

当然、Amazonを介した①の方が、

トラブルにあいにくいと言えるでしょう。

 

Amazon詐欺ショップ10の共通点

①.出品者の名前が不自然なことが多い

詐欺ショップ量産のために

いちいち考えている暇がない?

 

②.1つのショップでなんでも売る

商品数が異様に多い。

 

発送自体をしないのだから、

ユーザーが食いつきそうな

人気商品をとにかく多く掲載。

 

③.値段設定が似通っている

違う商品でも

同じような値段設定にしていることが多い。

 

例えば、

1万円の商品→5千円

10万円の商品→5千円

 

④.悪い評価ばかりついている

そもそも新規ショップで

評価自体一切ついていないものも多い。

 

⑤.海外からの納品

 

⑥.新規ショップがほとんどを占める

 

⑦.たまに中古品として売ることもある

 

⑧.高価な商品を多く扱う

あきらかに採算がとれないような

割引を行っていることが多い。

 

⑨.悪い評価がついても説明なし

 

⑩.ショップ紹介欄で別の支払い方法に誘導することも

別のメールアドレスに誘導することもある

 

参考:amazonセラーフォーラム

 

Amazonで詐欺ショップに騙されないための3つのポイント

①.安すぎる商品はまず疑ってかかる

この手の詐欺ショップの手法で多いのが、

人気ランキング上位の商品を、

圧倒的な最安値で出品していることです。

 

  • 家電1円送料無料
  • PS4が2000円

など、破格すぎる商品は

とにかく慎重に検討しましょう。

 

個人情報収集のために、

出品されたダミーの危険性もあります。

 

②.レビューをチェックする

ネット通販での基本ですね。

 

  • 全くレビューがついていない
  • 悪い評価ばかりついている

これらの場合は要注意です。

 

③.Amazon発送の商品か確認する

詐欺ショップはAmazonを介さず、

出品者自体からの発送を使ってきます。

 

マケプレの商品を購入する際も、

できるだけAmazon発送のものを

選んだほうがよいでしょう。

 

また、海外からの発送は

特に注意しましょう。

Sponsored Link

まとめ

  • 2017年4月以降、Amazonで詐欺ショップが急増している
  • 入金後にアカウント消去で逃亡
  • 「在庫切れ」と偽ってのキャンセル返金詐欺
  • ショップのプロフィールに個人情報を使われて罪をなすりつけられる
  • 安すぎる商品はまず疑うこと
  • レビューをしっかりチェック
  • Amazonから発送もの、海外発送でないものをなるべく選ぶ

 

詐欺ショップが増えているとはいえ、

当然真っ当に出品しているショップや

個人の方がほとんどではあります。

 

出品者のためにも、

購入者のためにも、

Amazon側にいち早く対策を

行ってほしいところですね。

 

そして、

購入者側も最低限注意することで

未然に防げることも多いはず。

 

今回の記事が

これからも安心して

ネットショッピングを楽しむための

お役に立てれば幸いです。

 

すでに詐欺にあわれてお困りの方は、

公益社団法人日本通信販売協会が

運営している、

通販110番に相談してみてください。

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ