iPhoneXの顔認証はすっぴんやメガネでも認識できる?FaceIDの仕組みと精度は?

  • LINEで送る

i-PhoneX

iPhoneXの顔認証、

  • すっぴんとメイクした顔がかけ離れてる場合は?
  • メガネをかけても識別できる?
  • 顔認証できたり、できなかったり…そもそもどんな仕組み?

など、気になることだらけですよね~。

 

すっぴんやメガネで

顔認証ができないとなると

iPhoneXは面倒くさいかも…^^;

 

しかし、

それを解消する方法も見つかったので、

ご紹介していきますよ!

 

今回は、

  • iPhoneX顔認証の仕組みは?
  • 市川海老蔵、youtuber、Twitter民が実験!すっぴんやメイク後でも識別可能?
  • メガネをかけても識別できる?識別できない?
  • すっぴん・メガネでも認証できるようになる方法は?

などをまとめました!

Sponsored Link

iPhoneX顔認証の仕組みは?

同じような状況でも人によって

「認証できた」「認証できない」と

話題になっているiPhoneXの顔認証。

 

そもそもどんな仕組みで顔認証を行っているのか、

まとめてみました!

 

まず、iPhoneXに搭載されているのが、

iPhoneシリーズ初の顔認証機能「FaceID」

 

「カメラで顔を映してるだけでしょ?」

なんて単純なものではなく、

 

FaceIDは

前面上部のフロントカメラ

  • 赤外線カメラ
  • 環境光センサー
  • 近接センサー
  • ドットプロジェクター

などを組み合わせた

 

「TrueDepth」という

カメラシステムで成り立っています

 

順序で簡単にまとめると、

  1. 「TrueDepth」はiPhoneX操作時に自動で起動
  2. ユーザーが目を開けているか確認(目を閉じると認証不可)
  3. 3万以上の赤外線ドットを顔に投影しデータ解析
  4. 顔の深度マップや2D赤外線画像を作成
  5. 深度マップと2D赤外線画像を数学的モデルに変換
  6. 登録されている顔データと照合している

といった流れです。

 

あの一瞬の顔認証の中で

こんな複雑な処理がされているんですね~。

 

 

市川海老蔵、youtuber、Twitter民が実験!すっぴんやメイク後でも識別可能?

歌舞伎俳優として人気の

市川海老蔵さんも、

iPhoneXを早速購入されたようで、

顔認証の限界を調べるべく、

 

すっぴんと180度異なる

歌舞伎メイクをして

実験した様子をアップされています。

 

気になる結果は…

市川海老蔵 歌舞伎メイク iPhoneX 顔認証

引用元:ABKAI 市川海老蔵ブログ

なんと、大成功!

 

すっぴんと歌舞伎メイク全然違うんですが、

iPhoneXには楽勝お見通しなんでしょうか?

 

同じようなすっぴん→メイク検証を

人気youtuberの「よきき」さん(男性)も

行っています。

 

結果は…

こちらも大成功!w

 

というわけで、

iPhoneXはすっぴんでもメイクでも

見分けることが可能!

 

…と言いたいとこですが、

Twitter上には

  • 「すっぴんだと認証されない!」
  • 「メイクだと認証されない!」
  • 「コスプレすると認証されない!」

などの報告も次々上がっているようです…^^;

 

いくつかツイートをご紹介しますね。

https://twitter.com/FURUKAWAYUKA_/status/930983923462520832

https://twitter.com/riko_riko_nori/status/930393056423043072

う~ん…。

すっぴんでもメイクしても

変わらず認証できる人もいれば、

認証できない人もいるようですね…。

 

個人差や細かい条件がある。

ということでしょうか?

 

メガネをかけても識別できる?識別できない?

一方でメガネについても

  • 「問題なく認証できる」
  • 「メガネ外さないとできない」

両方の報告が出てきているようですね。

すっぴん・メガネでも認証できるようになる方法は?

  • 顔認証のできるできないになぜ個人差があるのか?
  • すっぴん・メガネで認証できない人ができるようになるには?

などについて調べていたところ、

ある有力な情報を見つけましたよ!

 

それは…

FaceIDの学習が足りない

ということ。

 

顔認証を何度も失敗すると、

パスコードを手入力して

認証することがありますよね?

 

実はそのときに

FaceIDは「これは持ち主の顔なのか」

と少しずつ学習していくようなのです。

 

「Face IDで利用するデータは、

正しく認証されるたびにアップデートされていきます。

似ているが異なると認識された顔でも、

そのあとにパスコードが正しく認識されれば、

正しいものとして学習するようになっています

引用元:http://japanese.engadget.com/2017/11/06/face-id/

 

つまり、最初はすっぴんやメガネで識別されなくても、

パスコードで認証させるうちに

いつもと違う顔も覚えていき、

顔認証ができるようになっていくということです。

 

ただし!

注意しておきたいのが、

 

自分以外の誰かに

パスコードを解除させてしまうと、

その顔も自分の顔として

認識してしまう可能性があるということ。

 

兄弟や親子でロックを解除できてしまう事例は

この仕様が原因なのかもしれません。

Sponsored Link

まとめ

  • iPhoneXはシリーズ初の顔認証機能「FaceID」を採用している
  • すっぴんやメガネで識別できる人とできない人がいる
  • 顔認証に失敗してもパスコードで入力解除することで「FaceID」が学習していく

 

いかがだったでしょうか?

これからのiPhoneシリーズにも

搭載されるかもしれない顔認証機能。

 

プライバシーにも関わる機能ですので、

しっかり使いこなせるように

なっておきたいですね!

 

こちらの関連記事もよかったらご覧ください!

iPhoneXはなぜ顔認証?マスク・すっぴん・双子どこまで識別できるの?

iPadXの発売日と価格を予想!顔認証搭載か気になるがアップルペンシルも新型に?!

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ