山下泰裕の経歴は最強柔道家で連勝記録がヤバイ!結婚してる嫁(妻)や子供についても調査!

  • LINEで送る

金メダル

柔道界のレジェンドこと、山下泰裕さんを知っていますか?

日本の柔道がかつて最強と呼ばれた時代に無敗の連勝記録を打ち立て、

国民栄誉賞を獲得しているスーパースターです!

 

現在は柔道界のみならず、

日本のスポーツ界にも影響を与える山下泰裕さんについて、

  1. 山下泰裕のプロフィール
  2. 身長と体重
  3. 出身高校と大学
  4. 経歴は最強柔道家で連勝記録が凄い!国民栄誉賞も!?
  5. プーチンから尊敬される親友!?
  6. 山下泰裕の名言集
  7. 嫁(妻)や子供はいる?

などをまとめてみました。

山下泰裕のプロフィール

名前:山下 泰裕(やました やすひろ)

国籍:日本(JAPAN)

生年月日:1957年6月1日

年齢:62歳(2019年時点)

出身地:熊本県上益城郡山都町

競技:柔道(八段)

 

実家は魚屋で九州男児らしくスパルタ教育を受けて育てられたようです。

柔道を始めたのは小学校3年生の頃で同学年よりカラダは大きく、

わんぱくいたずら少年として地元では有名だったみたいですね。

山下泰裕の身長と体重

身長:180㎝ 

体重:128キロ

 

現在はその大きなカラダを持ちながら現役を引退されています。

昔の写真から柔道に必要な体幹や腕の筋肉だけでなく、

相手を投げ飛ばす瞬発力も持ち合わせていたことがわかります。

 

驚くべき点はカラダの成長の早さで、

中学1年生の頃にはすでに体重100㎏を超えていたようです。

 

中学でははとんど試合で負けなしで全日本中学大会優勝に大きく貢献しました。

 

その圧倒的な活躍から、

「九州の怪童」

と呼ばれ注目されていたそうです。

 

山下泰裕の出身高校と大学

出身高校:九州学院高校→東海大相模高校

出身大学:東海大学

 

中学の活躍が認められて多くの強豪校からスカウトを受けましたが、

恩師がいる地元の九州の学校に進学します。

 

1年生ながら全国優勝するなど中学の時と同様に栄冠を味わいましたが、

2年生になるとスランプに陥ります。

 

強い練習相手がおらずレベルアップできないことをきっかけに、

神奈川県の高校へ転校を決断します。

 

高校ながら後の進学先でもある東海大学の学生と混ざって練習を積み、

ヨーロッパ遠征にも。

 

外国人にも負けないその強さで、

3年生の時には高校生ながら日本選手権の出場権を獲得する快挙を達成。

 

さらに日本選手権では高校生ながら3位入賞を果たし、

一躍日本のトップクラスへと駆け上がりました。

 

高校・大学では個人戦・団体戦ともに何度も日本一を経験し、

卒業しています。

山下泰裕の経歴は最強柔道家で連勝記録が凄い!国民栄誉賞も!?

数々の成績を残し歴代最強ともよばれる山下泰裕さんですが、

国民栄誉賞を獲得するほどの成績とはどのようなものなのでしょうか?

ここでも簡単にまとめてみました。

 

  • 世界選手権 1979・1981・1983年 優勝
  • ロサンゼルスオリンピック 1984 優勝
  • 全日本選手権 9連覇
  • 前人未踏の203連勝(引き分けを挟み約7年6ヶ月)

 

まさに圧巻、圧倒的!

 

外国人選手との対戦においては、

生涯無敗の116勝3引き分け!

 

この偉大な記録を更新する選手は果たして今後現れるのでしょうか?

日本の選手からそんな逸材が出てきてほしいものですよね。

 

ちなみに山下泰裕さんが28歳の若さで現役引退していますが、

理由はケガの影響だったみたいです。

 

もし、そのケガがなく、

その後も現役を続けていたなら何連勝していたのでしょうか。

まさに歴代最強の柔道家と言っても過言ではないでしょう。

 

山下泰裕はプーチンから尊敬される親友!?

なんと、山下泰裕さんはあのプーチン大統領とも親しい間柄!

 

プーチン大統領との出会いは、

2人の友人を通してプーチン大統領が

「山下泰裕さんの柔道着をプレゼントしてほしい」

と依頼があり、そのプレゼントを渡したところから始まっています。

 

プーチン大統領、実は柔道8段を持つ柔道家です。

 

自らヨーロッパ柔道連盟の名誉会長と、

国際柔道連盟の名誉会長を兼任するほど柔道に心酔しています。

 

そのプーチン大統領は柔道界で知らない人はいない山下さんを気に入り、

個人的に20回以上会っているとされています。

一国の大統領との関係とは思えない親密さですよね。

 

山下泰裕さんを日本とロシアの架け橋と呼ぶ人も少なくありません。

ラシュワンは怪我した足を狙わなかったって本当?

オリンピック決勝戦でエジプトのラシュワン選手と対戦して勝利した山下泰裕さんですが、

この戦いが違う角度で世界から称賛されています。

 

ラシュワン選手は山下選手が痛めている右足を狙わなかったことを発言したことから、

フェアプレー精神があると評価されたのです。

 

しかし、これはやや事実とは異なるようです。

 

山下さんは試合後に

「ケガをした右足を気遣っていた訳ではない。ラシュワンは右足に技をかけていたが、技が決まらなかっただけ」

と発言しています。

どちらかの意見だけを鵜呑みにはできませんが、

各国の国民が固唾を飲んで見守るオリンピックの決勝でフェアプレーに徹して負ける人なんているのでしょうかね?

詳しい真相はわかっていません。。。

山下泰裕の名言集!

山下泰裕さんはこれまでに数々の名言を残していますので、ご紹介します。

 

ハンディを背負った人々は自分の能力を卑下するのでなく、

その人独自の花を咲かせたらいい。

ハンディは一つの個性だと気づいたら、随分楽になる。

 

人は誰でも自分の頑張りを評価してもらいたいと思っている。

短所よりも長所を見ることを大事にすると、

まわりの人との関係はかなりいい方向に変わる。

 

「念じ続ければ必ず結果が出る」というのは私の実感。

私は「やれる!」と信じました。誰よりも努力しました。

一戦一戦に全力を尽くし、どんな厳しい状況に立たされても、

持てる力のすべてを出し切ろうと練習を積みました。

その結果、目標を達成しました。

 

私の生き方そのものは、今も現役当時も変わりません。

常に理想を掲げる。

過去を振り返らず、未来を見つめて、

今をひたむきに生きる。

 

結婚してる嫁(妻)や子供は?

山下泰裕さんは結婚されており、息子さんが2人います。

 

次男は自閉症を患っており、

賢明に生活されているそうです。

 

長男については情報がほとんど出てこなかったので、

柔道はしていなかったのかもしれませんね。

 

奥様は元販売員で山下泰裕さんの大ファンだったようです。

たまたまお店に来店した山下泰裕さんに手紙やファンレターなどでアプローチをかけて、

交際に至ったんだとか。

 

自分が憧れている大スターとゴールインできるなんて、

夢のある話ですよね!

まとめ

山下泰裕さんについて知ることはできましたか?

現在まで日本のみならず、

世界でも活躍される姿に存在感の大きさを感じます。

 

今後も東京オリンピックのみならず、

世界のスポーツ業界に多大な影響を与える山下泰裕さんに注目ですね。

こちらの記事も読まれています

  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ