メガマウスザメとは?幻のサメの撮影に成功!驚きの生態や動画まとめ!

  • LINEで送る

メガマウスザメ

幻のサメと呼ばれる

「メガマウスザメ」

2017年5月22日朝、

千葉県沖の定置網に入り、

優雅に泳ぐ姿の撮影に

成功したことが

大きな話題になっています!

 

幻のサメと呼ばれる

メガマウスザメとは一体、

どんなサメなのでしょうか?

 

そこで今回は、

  • メガマウスザメの生態まとめ!
  • youtubeにも!?メガマウスザメの撮影動画!
  • メガマウスザメが見られる水族館は?

などをまとめてみました!

Sponsored Link

メガマウスザメの生態まとめ!

メガマウスザメ

名称:メガマウスザメ

英名:MegamouthShark(メガマウスシャーク)

種別:ネズミザメ目メガマウスザメ科

全長:4~7m(最大で709cm)

分布:全世界の熱帯域~温帯域の沿岸~外洋

餌:主にプランクトン

 

「メガマウス」とは

「大きな口」という意味で、

その名のとおり

巨大な口を持っていることが特徴。

 

日本では古くから

「大口鮫」と呼ばれていたそうです。

 

「幻」といわれるとおり、

世界でも50件ほどしか

目撃例がない超希少種。

 

最初の個体が発見されてからの

歴史はかなり浅く、

1976年に米ハワイ州オアフ島沖で

捕獲された個体が世界初の標本に。

 

日本では発見報告が多く、

今回以前にも14件ほどの

発見が報告されています。

 

日本での発見が多い理由は、

発展途上国などからは

網にかかっても報告がされていない

などの事情があるようです。

 

捕獲例が少ないため、

  • なぜ巨大な口を持っているのか
  • 普段どのように活動しているのか

など未だ謎が多い生物です。

 

youtubeにも!?メガマウスザメの撮影動画!

今回、千葉で撮影された動画ではないですが、

youtubeには過去に撮影された

メガマウスザメの

貴重な動画がアップされています!

ゆったり泳ぐ姿はなんとも優雅ですが、

実際に海で出会ったらビビリますね…w

 

ちなみに人間を襲った前例はないようです。

Sponsored Link

メガマウスザメが見られる水族館は?

メガマウスザメを生きたまま見られる水族館は

さすがにありませんが、

標本であれば日本国内でも

多くの水族館で展示されています。

 

京急油壺マリンパーク(神奈川県三浦市)

京急油壺マリンパーク公式サイト

 

東海大海洋科学博物館(静岡県)

東海大海洋科学博物館公式サイト

 

鳥羽水族館(三重県)

鳥羽水族館公式サイト

 

海の中道マリンワールド(福岡県)

海の中道マリンワールド公式サイト

 

美ら海水族館(沖縄県)

美ら海水族館公式サイト

 

まとめ

  • 2017年5月22日千葉県沖でメガマウスザメが撮影された
  • 「幻のサメ」と言われるとおり、目撃例は全世界で50件ほど
  • 1976年に米ハワイ州オアフ島沖で捕獲された個体が世界初
  • 全長5~7m、主食はプランクトン
  • なぜ巨大な口を持っているか?普段の活動など未だ謎が多い

 

海で出会いたくはないが、

興味の尽きないサメという存在。

 

メガマウスザメの謎も解明されていくのが

楽しみですね!

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ