ベニアコウ幻の深海魚の正体!値段と驚愕の生態をまとめてみた!

  • LINEで送る

ベニアコウ 幻 深海魚

人気番組「有吉ゼミ」で

釣り暦20年・女優の田中美佐子さんが

釣り上げた幻の深海魚、

「ベニアコウ」

 

その生態や寿命、

売ったときの値段がかなり衝撃でした!

 

そこで今回は、

  • 人間より長生き!?ベニアコウの脅威の寿命と生態
  • 幻の深海魚!ベニアコウ驚愕のお値段!

などをまとめてみました。

Sponsored Link

人間より長生き!?ベニアコウの脅威の寿命と生態

「ベニアコウ」という呼び名は

漁師の間での通称で、

 

正式名は

「オオサガ」「サンコウメヌケ」

この2種の魚を指します。

 

ベニアコウは深海1000mに住む深海魚。

 

深海1000mの世界は、

ベニアコウにとって天敵が少なく、

かなり快適な環境。

 

そんなベニアコウの寿命は

なんと100年にも!

(人間より長生きじゃねーか…)

 

味は脂がのっていて、

身はコリコリ。

 

その希少性と味の良さから

人気の魚でもあります。

 

幻の深海魚!ベニアコウ驚愕のお値段!

築地市場ですらお目にかかれない、

幻の深海魚ベニアコウ。

 

もし、売るとしたら一体いくらで売れるのか…。

 

…なんと!

 

1匹8万円!

 

もしも釣れたら興奮ものですね!

 

ベニアコウを釣るには、

深海1000mまで仕掛けを

降ろさないといけませんが、

 

仕掛けを降ろして巻き上げるまで

1時間もかかってしまいます。

 

それだけ時間をかけても

釣れないことの方が多いとなれば、

コストパフォーマンスは微妙かもですね^^;

 

そんなベニアコウも

昭和40年代は1日50匹釣れることもあったそう。

味の良さから乱獲された結果、

今では幻の深海魚となってしまったのです…。

Sponsored Link

まとめ

  • 幻の深海魚「ベニアコウ」
  • ベニアコウは深海1000mに生息
  • 天敵が少なく、寿命はなんと100年!
  • 約8万円の高値で取引される
  • かつては多く釣れたが乱獲で数が激減した

 

深海はやはり男のロマン!

まだ見つかってない幻のの生物も

多数いそうですね!

 

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ