スルガビクニンの生態と食べている餌は何?体がゼリー状なのはなぜ?

  • LINEで送る

スルガビクニン

駿河湾深海で新たに見つかった

新種生物「スルガビクニン」をご存知ですか?

文明がガンガン発達している21世紀ですら、

今まで見つかっていなかった

新種の深海生物が見つかるんですよ!

 

「深海の未知は宇宙の謎に匹敵する」みたいな

ことも言われているぐらいですから、

ホント深海にはロマンが詰まっていますよね~!

 

得体の知れない深海魚が大好きな私としては、

今回のスルガビクニンへの興味もビンビンですよ!

 

そこで今回は、

  • スルガビクニンの生態
  • スルガビクニンの食べている餌
  • スルガビクニンの体がゼリー状になっている理由

など、謎だらけのスルガビクニンについて

調査と予想を交えながらまとめてみました!

Sponsored Link

スルガビクニンの生態は?

スルガビクニンという命名のとおり、

静岡県の伊豆半島先端にある、

駿河湾で見つかった

クサウオ科に属する新種の深海生物です。

 

発見したのは、

東海大海洋学部の福井篤教授の研究室。

 

水深1450~1570メートルの

深海で見つかったようですね!

 

見つかったスルガビクニンの

体長は約82.6ミリで

100円ライターと同じくらいのサイズ。

 

深海生物は水圧の関係で大きくなりにくいみたいなのを

聞いたことはありますが、

スルガビクニンもかなり小さい生物ですね~。

 

体は鱗(うろこ)がなく、

ゼリー状の皮膚で覆われているようです。

 

スルガビクニンの食べている餌は?

スルガビクニンは見つかったばかりで、

詳しい生態や何を食べているかなどは

分かっていないことが多いようですね!

 

ですが、食べているエサについては

同種族の生物、口や歯の構造が

大きなヒントになると思うんですよね~。

 

そこでスルガビクニンの食べているエサについても

予想してみました!

 

ヒント①.親戚(?)であるシンカイクサウオの食べているエサ

大体どんな生物でも

似たような種族なら

同じようなエサを食べていることが多いはず。

 

スルガビクニンの親戚(?)にあたる

シンカイクサウオは

深海のエビや甲殻類などを食べているようですね。

(オタマジャクシに似てますね…w)

 

と、いうことはスルガビクニンも同じように

深海のエビや甲殻類をエサにしているのかも。

 

②.スルガビクニンの口や歯の形

スルガビクニン

スルガビクニンの画像を見ると、

歯(?)みたいなものがありますね。

 

プランクトンを主食としている生物なら、

歯は必要ないはず。

 

と、いうことは

深海のエビや甲殻類などを食べている

という予想の信憑性は上がるかもしれませんね。

 

続報があればまた追記していきたいと思います!

 

スルガビクニンの体がゼリー状になっている理由は?

スルガビクニン以外にも深海魚は

ゼリー状の体を持っているものが多いですよね~。

 

深海は物体にかかる水圧が凄まじく、

水深1000mの深海では、

1平方センチに100キロの力がかかると言われています。

 

金庫や金属バットでもひしゃげてしまうほどの

力がかかっているわけです。

 

中でも水圧に特に弱いのが気体。

つまり、空気を含んでいる体は

あっという間に潰れてしまいます。

 

そのため、深海魚は浮き袋などを持たず、

水圧で潰れにくい特殊なたんぱく質(脂)

=ぶよぶよゼリー状の体を持っている生物が多いんですね~。

Sponsored Link

まとめ

  • 駿河湾深海で見つかった新種深海生物「スルガビクニン」
  • 水深1450~1570メートルの深海で見つかった
  • うろこはなく体はゼリー状
  • 深海のエビや甲殻類などがエサ?
  • 水圧がすさまじい深海ではゼリー状の皮膚を持つ生物が多い

 

得体の知れない生物満載の

深海最高!!!

 

スルガビクニンの研究ももちろんですが、

もっと人間が予想できないような

謎の生物が見つかってほしいですね~!

 

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ