ニホンカワウソは絶滅していなかった!?長崎対馬で38年ぶりに発見か!?

  • LINEで送る

ニホンカワウソ

思わず「うおっ!」って声が出ましたよ!

2017年8月17日、

琉球大の伊沢雅子教授らのチームが

長崎県対馬で野生で生きているカワウソを

撮影したと発表。

 

日本における野生のカワウソの

目撃例は38年前(昭和54年)が最後。

 

さらにさらに!

今回、長崎県対馬で撮影されたカワウソは

2012年8月に絶滅種に指定された

日本独自の固有種

「ニホンカワウソ」である可能性も!

 

本当にニホンカワウソなら凄いことですよ。

 

「絶滅したと考えられていた生物が

生き残っていた」ってことですからね!

 

しかし、この見つかったカワウソは

本当にニホンカワウソなんでしょうかね?

 

今回は、

  • 長崎県対馬で撮影されたカワウソは本当にニホンカワウソ?
  • 愛媛県「ニホンカワウソはまだ絶滅していない」

などをまとめました!

Sponsored Link

長崎県対馬で撮影されたカワウソは本当にニホンカワウソ?

琉球大の伊沢教授によると、

「体の形や顔立ちからカワウソで間違いない」

引用元:産経WEST

どうやら、カワウソであることは間違ない様子。

 

ただし、

ニホンカワウソであるかどうかは

まだ調査中のようですね。

 

今回、カワウソが長崎県対馬で

見つかった原因について、

3つの仮説が考えられています。

 

  1. ニホンカワウソは絶滅しておらず生き残っていた
  2. ユーラシアカワウソが約50キロ離れた韓国から海を渡ってきた
  3. 人間が島に持ち込んできた

 

まず、⑵の海を渡ってきたについてですが、

泳ぎが得意なカワウソとはいえ、

50キロも無事に泳ぎきれるものですかね???

 

それだと、海辺でどこからか泳いできたカワウソが

見つかるケースも多い気がしますが…。

 

と、なると⑴か⑶に絞られそうですが、

 

対馬島内ではカワウソのフンも

確認されています。

 

このフンは朝鮮半島や中国などに生息する

ユーラシアカワウソのものではないかと

見られているそうなので、

ニホンカワウソである可能性は低くなりますね…。

 

 

⑶の仮説、

誰かが朝鮮半島あたりから持ち込んだ

可能性が最も有力だと予想します。

 

…。

ニホンカワウソであってほしいですけどね〜。

 

愛媛県「ニホンカワウソはまだ絶滅していない」

国がニホンカワウソを絶滅種に指定している中、

 

「まだ絶滅していない」

と信じ続けているのが、愛媛県。

 

RED DETA BOOK EHIMEでは、

絶滅種ではなく、

絶滅危惧1A類(CR)に指定されています。

 

RED DETA BOOK EHIME

 

たまに愛媛の田舎の方で

ニホンカワウソらしき目撃例があったからですね。

 

今回対馬で見つかったカワウソが

ニホンカワウソならば、

「愛媛県が正しかった」

ってことになりますねw

Sponsored Link

まとめ

  •  長崎県対馬で野生のカワウソが撮影された
  • 日本国内での野生のカワウソ目撃例は昭和54年が最後
  • 今回見つかったカワウソはユーラシアカワウソの可能性が高い?
  • 未だにニホンカワウソを絶滅種に指定していない県「愛媛県」

 

「絶滅したと思われていた生物が

人知れず生き残っていた」

なんともロマンのある話です。

 

もし、野生のカワウソを見つけたら。

 

餌をあげたり捕まえようとせず、

そっと見守り、

地元の自治体に情報提供してあげてください。

 

よかったらこちらの記事もどうぞ!

【絶滅種】ニホンカワウソは日本だけの種だった!?超絶可愛い写真集めてみたぞ

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ