オオカミウオとは?TOKIOが釣り上げた幻の巨大魚!生態は?飼育は可能?

  • LINEで送る

オオカミウオ

「真の珍獣(魚?)ハンターはTOKIOだった!?」

TOKIO凄すぎですね!

またまた希少生物を発見してしまったようですよ!

 

今回TOKIOが鉄腕DASH内で釣り上げたのは、

幻の巨大魚「オオカミウオ」

釣り人なら一度は釣ってみたい憧れの魚でもあるようです!

 

ですが、多くの人はこう思ったはず。

「『オオカミウオ』ってどんな魚やねん」

 

そこで今回は、オオカミウオについて

  • オオカミウオってどんな魚?生態は?
  • オオカミウオは食べられる?味は?
  • オオカミウオの釣り方は?「幻」と言いつつ意外に…
  • オオカミウオは懐く!?飼育が可能?

などをまとめました!

Sponsored Link

オオカミウオってどんな魚?生態は?

  • 体長は1mにもなる巨大魚
  • 「ギンポ」の仲間
  • サザエやウニでもバリバリ噛み砕ける強靭な歯とアゴの持ち主

 

「ギンポ」とは江戸前寿司のネタになる魚ですね。

こんな魚です↓

真ん丸の目がちょっと似ている…w

 

オオカミウオが生息しているのは、

東北地方北部や知床、

オホーツク海の水深50-100メートルの

岩礁域と言われており、

穴や隙間に体を潜めて生活しています。

 

顔がいかついので凶暴かと思いきや、

性格は比較的おとなしく、

人間に危害を加えることはあまりないそうです。

 

ただし、歯とアゴに噛まれたら危険なので

口元に手を持っていくのはやめましょう^^;

 

オオカミウオは食べられる?味は?

滅多に市場に流通しない幻の巨大魚「オオカミウオ」

当然、食べたときの味も気になりますよね?

 

ネットの情報によると、

  • 身は柔らかく脂がたっぷり
  • 肉は淡白な白身
  • 味は意外にクセがない
  • 少し臭みがあるので調理法は考えよう

とのこと。

 

臭みをカバーするためには、

油で揚げる調理法やムニエルにするのが

ベストでなかなか美味しいようです!

 

一度は食べてみたいかも…w

 

オオカミウオの釣り方は?「幻」と言いつつ意外に…

「オオカミウオを釣り上げてSNSで自慢したい!」

そんな方もいらっしゃることでしょう。

 

まず、オオカミウオを釣るには

7月~8月の真夏がベストシーズン。

 

浅瀬には生息していないので、

船で沖に出ることが必須となります。

 

エサはイカまるごとがベスト!

 

「幻の魚」と言いつつ、

時期と漁場さえあえば

結構簡単にポコポコ釣れるらしい…w

 

ま、まあ見た目のインパクトは絶大よ?

 

参考:Dairy PortalZ

 

オオカミウオは懐く!?飼育が可能?

オオカミウオですが、

「実は懐(なつ)く魚ではないか?」とウワサされているようです。

 

野生の魚が懐くなんて考えにくいですが、

ウワサの発端は

アメリカ人のダイバーがオオカミウオ(の仲間)を

餌で呼び寄せることがあるからだそう。

 

まあ、実際は餌につられて近づいていただけで

懐いているわけではないというパターンです^^;

 

飼育自体は可能のようなのですが、

  • 1mはデカ過ぎるので小さめの個体であること
  • 活魚水槽ばりの冷却設備を整えた環境が必須
  • 電気代や餌代などで月3~4万の出費
  • 水槽から脱走してしまうことがある

などなど、かなり難易度は高め。

 

そもそも小さめのオオカミウオを

手に入れるのが難しいでしょうねw

Sponsored Link

まとめ

  • TOKIOが幻の巨大魚オオカミウオを釣り上げ、大きな話題に
  • オオカミウオは成長すると体長1mにもなる
  • 強靭なアゴと歯でサザエもウニも殻ごとバリバリ食べる
  • 東北地方北部や知床、オホーツク海に生息
  • 性格はおとなしく、穴や隙間でひっそり暮らしている
  • 食べることも可能でなかなか美味だが独特の臭みがある
  • フライやムニエルで食べるのがベスト
  • 7月~8月が釣りのベストシーズン!意外と釣れるらしいw
  • 懐くことはないが、飼育自体は可能

 

ホント、TOKIOって特別なものを持ってますね~!

そろそろUMAの

1種や2種くらい見つけてしまいそうな勢いですw

 

これからも期待してます!

 

こちらの記事もオススメです!

絶滅危惧種スナヤツメTOKIO山口達也が鉄腕DASHで奇跡の再発見!

 

Sponsored Link
  • LINEで送る

おすすめ記事(一部広告あり)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ